学習・資格・教養

読書感想文

高橋秀治「ルソン戦線 最後の生還兵」感想・レビュー

4冊買ったルソン島での戦争の本の3冊目。お話のスタートが、敗戦のおよそ一カ月前でした。ということは、私の祖父が戦死した後のことです。じゃあ祖父の手がかりは得られんなあと思いつつ、別に手がかりを得るのが目的でもないので、ちゃんと読みました。タ...
太極拳

百田尚樹「夢を売る男」感想・レビュー

ルソン島の戦争の本を4冊買って、まだ読んでいないのが2冊あるんですが、ちょっと重すぎるんで、気分転換に、百田尚樹先生の本を読んでみました。百田先生、百田新党あらため日本保守党の、ツイッターことエックスのフォロワー200万人達成おめでとうござ...
武道・スポーツ

バレエ リーズの結婚

3歳の時よりバレエを習いに行っていた我が娘が、今年初めて、発表会にエントリーせず、観客席で一緒に観覧しました。発表会の出演者はレッスンが増えるので、受験勉強を優先させたみたいです。家で、YouTubeを見ている時間を削れば、レッスン時間くら...
学習・資格・教養

子曰わく、述べて作らず。

「こども論語教室」に毎月参加しているのです。市会議員に当選した友人が、議員になる前からZOOMで開催していて、私も親子で参加していました。最近うちの子も忙しく、私だけが参加していて、他の子供たちも参加しなくなったようで、実質は「おとな論語教...
社会経済

「ルソン島敗残実記。」感想・レビュー

ルソン島での戦闘の本、4冊買ったうちの2冊目です。前のは小説風でしたが、今度のは日記風です。戦場でつけていた日記を終戦後に持ち帰ったというのではなく、米軍の収容所で思い出して書いた、ということです。前半と後半では、雰囲気がまるきり変わります...
読書感想文

「フィリピン敗走記 一兵士の見たルソン戦の真実」(石長真華)感想・レビュー

ふと思いついて、ルソン戦について書かれた本を読んでみようと、それっぽいタイトルの本をアマゾンで4冊購入しました。私の祖父が、ルソン島で戦死しているのです。死亡告知書【公報】↓死亡告知書【公報】本籍大阪府堺市○○〇〇 陸軍兵長○○〇〇 昭和二...
旅行

原爆ドームと潜水艦

娘の夏休みに、広島に旅行に行きました。旅行はだいたいお盆を外した平日を狙うのですけど、娘が塾やら合唱部の活動で忙しく、15、16、17日の真っただ中となりました。去年の8月15日は、家族で大阪護国神社で行われていた戦没者慰霊祭に参加して、講...
音楽・美術・芸術・映画

百田尚樹「クラシックを読む」感想・レビュー(二回目)

ようやく読み終わりました。というか、聴き終わりましたというか。百田尚樹「クラシックを読む」全3巻と、紹介されていたクラシック音楽です。YouTubeに、本にでてくる曲をまとめているチャンネルがありまして、探す手間が省けました。どなたか存じま...
音楽・美術・芸術・映画

百田尚樹「クラシックを読む」感想・レビュー

いつもは最後まで本を読んでから、感想文を書くのですが、「クラシックを読む」は、まだ読み終えておりませんで、3巻シリーズの1冊目の途中です。「世界最強の男」もずいぶん読むのに時間がかかりましたが、こちらのシリーズは、さらに時間がかかりそう。と...
音楽・美術・芸術・映画

ピアノの練習

回転寿司のお店で醤油と甘たれを間違えたことをきっかけに始めたピアノレッスン、曲目は「雨だれ」作曲はショパンです。始めたきっかけの記事はこちら↓>>ショパンの「雨だれ」に挑戦2か月たちまして、いちおう始めからおしまいまでは覚えることができまし...
音楽・美術・芸術・映画

百田尚樹「地上最強の男」感想・レビュー

アメリカの歴代ヘビー級チャンピオンの記録小説のような「地上最強の男」は、ずいぶん読むのに時間がかかりました。先に読んだボクシング小説「ボックス!」は、ストーリーが面白く、さささっと読めましたが、「地上最強の男」は、そのような物語、お話とは趣...
ライフスタイル

もめごとと、人生の活動方針

あーやだやだ、ということがありました。太極拳の話ではありません。細かく書くと、いろいろと差しさわりがあるので、さらっと書きますが、ある趣味の団体Aに入っておるのですが、その団体には上部団体Bや、姉妹団体CDEFなどがいくつもありまして、その...
武道・スポーツ

百田尚樹「ボックス!」感想・レビュー

「ボックス!」は、さわやか青春ボクシング漫画といったかんじの小説でありました。スポ根の王道みたいなストーリーです。百田先生、こんなストレートな青春小説も、書かれていたのですねえ。映画にもなりそう! と思ったら、すでに映画化されていました。(...
音楽・美術・芸術・映画

百田尚樹「カエルの楽園」感想・レビュー

「カエルの楽園」は、以前にも感想を書いておりました。友人からプレゼントされたからなのですが、思い起こせば、これが初めて読んだ百田作品でした。なんでまた、あらためて読んだのかといいますと、妻が図書館で借りてきてくれたからです。自宅の本棚にはあ...
ライフスタイル

百田尚樹「輝く夜」感想・レビュー

「プリズム」「モンスター」という、キッついストーリーを立て続けに読んだ後の、一服の清涼剤のような物語。といっても、「永遠のゼロ」に続く百田作品の2作目だったのですね。発表順に読んでいるわけではないので、おかしな順序になってしまいましたが、ホ...
社会経済

百田尚樹「モンスター」感想・レビュー

百田尚樹作品を片っ端から読んでおりますが、この「モンスター」は、百田先生のお顔を想像しながら読むのはNGです。百田作品だという予備知識なしで、知らない女性作家が書いた小説だと思って読むのが良いかと。(といっても、このブログを読んでしまった瞬...
子育て

中学受験オープンスクールの見学

娘が中学受験をするというのです。今、高校までひっついている私立ミッション系小学校に通っているのだから、そのままストレートに進学すればええやん、受験勉強もせんでええやん、ずっと歩いて通えるやん、と私は思うのですが、違う中学校に行く! と決意が...
健康・美容

百田尚樹「プリズム」感想・レビュー

作家の百田尚樹先生は、ご自身のYouTubeチャンネル「気まぐれライブ」で、LGBT法案に大反対を表明されており、推進勢力を、これでもか! というほど罵倒し、悪態をついておられます。言葉でここまで怒りを表現できるものか!と感心します。さすが...
経営とかビジネス

百田尚樹「海賊と呼ばれた男」感想・レビュー

毎度お世話になっておりますガソリンスタンド出光興産の創業者をモデルとした、国岡鐵造の生涯を描いた小説です。出光って、こんなドラマチックな歴史があったのですね。私は、倫理法人会という経営者教育団体に所属しておりまして、日頃、いろんな社長さんの...
学習・資格・教養

目標達成型より天命追及型の生き方

白駒妃登美さんの「古事記に学ぶ天命追及型の生き方」という講演を聞きまして、ほーなるほど! と大変感心いたしました。日本人の成功哲学は、欧米の「目標を設定して、それにむかって頑張って成功する」という目標達成型じゃなくて、「天のお導きに従って、...
音楽・美術・芸術・映画

百田尚樹「風の中のマリア」感想レビュー

手塚治虫の漫画に「やけっぱちのマリア」っていうのがありましたが、こちらのマリアは蜂です。蜂といえば「みなしごハッチ」や「みつばちマーヤの冒険」のアニメを子供の頃に見ていましたが、どういう話だったか忘れました。「風の中のマリア」に登場するのは...
音楽・美術・芸術・映画

オペラを鑑賞しました

初めてオペラを鑑賞いたしました。うちの子の合唱部の先生が出演するということで、応援の鑑賞です。演目は「ジュリオ・チェーザレ」。ジュリアス・シーザーのイタリア語読みだそうです。こじんまりしたホールで、役者は8人、伴奏はピアノだけ、舞台装置は照...
学習・資格・教養

太極槍の練習

陳氏太極拳の武器は、棍、刀、双刀、大刀、剣と学んできましたが、槍はまだです。槍は二路拳ができてから、ということで、まだ教えてもらっておりません。先日の大会で二路を表演して銅メダルをいただいてしまいましたが、先生の目には、まだまださっぱり、及...
太極拳

遠藤靖彦「真の強さを求めて功夫への道」感想レビュー

アマゾンに遠藤靖彦著「真の強さを求めて功夫への道」を、お勧めされたのです。帯に「日本人には教えるな。中国拳法が秘める”国家機密”クラスの「真の強さ」を手に入れるため、誠実にひたむきにあがき抜いた、レジェンド太極拳家の壮大な苦悩の記録。」とい...
読書感想文

百田尚樹「永遠のゼロ」感想レビュー

小説を読んで、これほど涙が出たのは、ずいぶん久しぶりです。先日読んだ「影法師」も泣ける話でしたが、目を開いていられないというほどではなかったです。映画にもなったベストセラー小説「永遠のゼロ」を、遅ればせながら読ませていただきました。映画は見...
健康・美容

学校でのマスク着脱について

小学6年生になった娘が通う学校で、授業参観と学年説明会がありました。質疑応答の時間があれば発言しようと思っていたのですが、チャンスがなかったので、ここに書いときます。マスクのことです。WHOは新型コロナ感染症(武漢肺炎・コビット19)の緊急...
太極拳

百田尚樹「影法師」感想レビュー

故安倍晋三元首相が読んで感動したと言われる百田尚樹著「影法師」を読んでみました。感動しました!安倍元首相がこの物語が好きだと話されていたということと、安倍元首相が亡くなられる最後まで日本のための活動されていたことが重なるようで、それもまた感...
音楽・美術・芸術・映画

百田尚樹「幻庵」の感想レビュー

百田尚樹先生の本は、中国の悪口とか橋下氏の悪口とか書いているのはよく読んでおりましたが、小説は読んでおりませんでした。YouTubeで百田おやびんが囲碁の話をしているのを聞きまして、この囲碁の小説であるところの「幻庵」を読んでみようと思った...
学習・資格・教養

問題ないことにこだわると狂う

太極拳の推手をしているときに、R氏が聞いてこられたのです。「もっと足首を柔らかくしないといけないのですね?」と。え? 足首固いかなあ? と思って、しゃがんでみてもらうと、踵をついたまましゃがめて、普通に柔らかいです。いや、十分に柔らかいです...
学習・資格・教養

太極拳「超」入門/陳沛山 レビュー

アマゾンで探しものをしていて不意に表示されたのが、こちら陳沛山先生の「太極拳「超」入門」です。おや、なんか面白そうと思って、買ってみました。陳沛山老子といえば、陳氏20世の小架式の先生ですね。伝人なのに日本の工業大学の教授というインテリであ...
学習・資格・教養

太極拳の指導方法

今年に入ってから、推手道場に来られるようになった人がいます。希少価値ある、私より年下の男性です。太極拳歴は長く、教室も持っておられるようですが、推手も学びたいという殊勝な心掛けで来られました。えらい!にこやかで控えめ、気配り上手の良い人です...
子育て

日本のお誕生日

2月11日は建国記念日ですね。初代天皇である神武天皇即位の日、紀元節です。小学生の娘に、「今日は何の日?」と聞いてみたところ、さっぱり知りませんでした。いかにミッション系といえども、なんちゅうこっちゃ。という私も、小学生の時に、建国の歴史を...
学習・資格・教養

騙しの文章に惑わされるな!

宣伝、広告、広報の、チラシやらビラやら記事を見て、「なんでやねーん」と突っ込んでしまうことがあります。(太極拳に関する説明を読んで、なんでやねーん!と思うことも多いですが。)先日、私が関わっていることで、直撃を食らいました。私は、ちょっと規...
グッズ

縦書きノートのすすめ

文の書き方という話を前回書きましたが、手書きで日本語をつづる場合は、縦書きが良いと思っております。パソコンで文章作成することが増えて、すっかり横書きになじんでいますが、やっぱし手書きは縦書きが良いです。これに気づいたのは、ある委員会で書記を...
学習・資格・教養

文章の書き方

小説家の百田尚樹大先生が、今話題の三浦瑠璃さんが大学生の時に書いたという論文をネタに、文章を書くときの心がけの話をされていました。YouTubeで。論文でも小説でも、わかりやすく、面白く、伝えたいことが伝わるように、そして「心を打つ」ことが...
音楽・美術・芸術・映画

映画「ドリームホース」感想

娘が通っている乗馬クラブに映画「ドリームホース」のポスターがあったので、「字幕の映画なんて嫌だ嫌だ」とごねる娘を説き伏せて、観に行きました。映画は、イギリスのウェールズという農村に住んで、情熱もなくなり、つまんない毎日を過ごしていた夫婦が、...
ライフスタイル

老子を読む

このところ「老子」の勉強をしております。孔子の論語は、ここ一年ほど、「こども論語教室」というオンラインの授業を、子供と一緒に受けてきたのですけど、老子はあんまり知識がありませんでした。なぜか最近、「道」とか「無為自然」など、老子の教えを耳に...
学習・資格・教養

個人指導でじっくり上達

個人指導は、他の人のペースやレベルに合わせることなく、自分だけの課題をみっちり指導してもらえます。集団指導は、他の人への指導を見て自分の盲点に気づけるとか、指導の仕方も学べるといった良さもありますが、自分自身の上達への最短距離は、やはり、個...
子育て

サッカー場で後始末の日本人サポーター

私はサッカーに興味がないので、ワールドカップは見ないのですけど、日本人の観客が、試合後に、応援で散らかした自分たちの席を、きれいに後片付けをして、素晴らしい!と称賛されていたり、掃除人の仕事を奪う!と批判されたり、いろいろなようです。もしか...
ライフスタイル

月食と日の出

月食は見逃してしまいました。夜に会議があったもので…。442年ぶりの月食中の天王星食だったそうで、へー、天王星って見えるものなのかーと、後から感心しておりました。月食は見逃したが、翌日、日の出は見ました。我が家はマンションの南向きでありまし...