冬用太極拳シューズ

太極拳は屋外で練習するもんだ、と信じてやまない私でありますが、冬はやはり寒いです。

とくに、ペラペラのカンフーシューズを履いていると、足が冷たくなって、指に感覚がなくなってきたりします。

それで前回の冬は、普通の、ウォーキングシューズなどで練習していましたが、やはり踵が若干高いので、感覚が違うのです。(この感覚の違いがわかるようになってきたというのも、成長だと思います。)

冬でも良い感覚で練習できるよう、底が真っ平らの、しかし地面の冷たさを遮断し、それで足首まで温かい、武術用の靴はないもんかと、探しておりましたが、あまり通販でも見当たらないのですよね。

台湾の僧侶が履くブーツみたいなのがありましたが、お値段が1万円以上して、高額です。履きつぶし前提の靴に、そんなに高いのは買えません。

で、通りがかりのイズミヤの中の靴屋に、まあ、無いだろうと思いつつ、よってみたら、いいのがありました!

モズのムートンブーツです。MOZ MZ-352

スウェーデンと書いてありますが、Made in China です。大売り出しで3000円でした。

履いてみると、なかなかは履き心地は良いです。やわらかいので、フィット感もあります。

内側がモフモフなので温かいし。

集めの靴下を履けば、防寒はバッチリでありましょう。

靴底は柔らかいので、足裏感覚を邪魔しません。

MOZの靴もいろいろ種類があって、靴底はアウトドアーなかんじのゴツゴツのもあるのですが、太極拳用というヘンテコな選び方です。

厚みが均一でフラットなものを選んだら、これだったわけです。

ただ、ウレタン底はグリップ力が結構ありまして、足を滑らしたり、向きを変えたりするには、やや抵抗がありますね。雪道でも平気で歩けるのかもしれませんが、太極拳の練習には、マイナスです。本当は、靴底まで布がいいのですけど、布靴のブーツなんてあるはずないし、まあ、ここは妥協するところでありましょう。

これから冬本番、寒さにどのくらい強いのか、じっくり試してみます。

 

冬用ブーツのレビュー

しばらく使ってみたところの感想です。

足の暖かさは、抜群。フリースのズボンも履いて、防寒はバッチリです。

靴底の粘着力が強烈なため、足さばきがやりにくく、底のギザギザを、ナイフで削ってみました。なかなか削りにくくて、しょうがないので普段履きにもして、すり減っていくのを待っているところです。

それと、靴底はやわらかくて、ぷよぷよしています。布靴より大分柔らかいです。安定感の点では、ちょっと頼りない感じはあります。

というわけで、太極拳シューズとして適しているかと言われると、微妙なところですね。寒い日に屋外で練習するときだけ、やむを得ず履く、というかんじになるでしょうか。

普段履きで使うぶんには、不満はございません。履き心地も良いです。

コメントを残す