木刀を自作してみた

太極拳

陳式刀を習いだして、練習用にいろいろな木刀を使っております。

今は、先生のおすすめにより、剣道用の中刀におちつきましたが、それまで色々試してきました。

柳葉刀の形をした、メイドインチャイナの安物は、耐久性が低すぎてダメ。国産の柳葉刀は、しっかりしていますが、重すぎてバランスがいまいち。

中刀が一番振りやすいですが、本来の陳式刀は柄が逆反りになっているということで、その点、若干不満が残ります。

じゃあ、作ってみようと思いまして、ちょうど、びわの枯れ枝を伐採したのがありましたので、ナタと紙やすりで、刀の形にしてみました。

下から2本目のが、自作の陳式刀です。練習に使いながら、重さ調整をしていくつもり。

我ながらなかなかクオリティが高いように思いますが、変なところに節穴があったりして、売り物にはなりませんなあ。

木刀の作り方

習ったり勉強したわけではなくて、まるきり自己流ですが、こんなふうにして作りました。

まず、びわの木を切りまして、

ナタで、大雑把に削ります。

真ん中に線を入れました。

刃と峰になる部分に、鉛筆で線を入れました。

だいぶん、形が整ってきました。

あとは、ひたすらサンドペーパーで研ぎます。

200番とか400番くらいがおすすめ。

拾った桜の枝でも作ってみました。今度は、テープで峰の部分となる直線部分の目印にしました。

かなり歪でしたけど、削っていくと、木刀っぽくなりました。

桜は軽すぎました。びわの木刀は、割れてきました。加工する前に、2年ほど乾燥させないといけないみたいです。

気づけば、我が家は木刀だらけ。

子供の玩具用に、買ったり作ってあげたりしたものもあります。

子供は女の子ですが、鬼滅の刃が大好きで、日輪刀を所望しております。

日輪刀は作っておりませんが、一番上の写真の、下の4本は私の自作で、陳式刀のほかのは、娘にあげたものです。

赤い鞘のは、奈良公園のお土産屋さんで買いました。

私は子供の頃から、けっこう木工細工が好きで、夏休みの工作で木彫りの怪獣を作っていったら、市販品を持ってきたと間違われて、先生に怒られたこともあります。

水車小屋のオルゴールを作る授業では、ログハウス風に相当、細かく作りました。今でも実家に飾っています。

その道には進みませんでしたが、考えてみれば、戦前の我が家の家業が、桶タル工場でした。その血を引いているのに違いない。

木を切ったり削ったりしていると、心が休まります。仏像づくりとか、やってみたらハマるかも。

うちには木刀の他に、手作りの棍もあるし、中学生の時に作ったヌンチャクもあるし、表演用のジュラルミンとか金属製の刀剣もありますので、武器庫があります。

物置部屋になっている部屋のドアに、娘が張り紙しておりました。友達が遊びに来たときに、入らないように…

どんなけ危ない家庭なんだと思われそう。

 

 

コメント