間違いだらけの中古車選び

そんなタイトルの本が昔ありましたが…

中古車を買う人って、何がほしいのかはっきりしている人と、なんとなく見て決めるという人とあります。

ほしい車が決まっている人は、いろんな店を見るし、今ならネットでも探すでしょう。

相場も頭に入っているだろうし、妥協するところといえば、色だとか装備だとか、そんなところになるのではないでしょうか。

がんばって、いい車に出会ってください。

知識がなく、なんとなく決める人には、営業マンで決める人もいます。信頼できそうな営業マンにであえればラッキーです。

いい営業マンならお客の話を、よーくきいてくれます。

家族構成とか、クルマに何を求めているのかうまく聞き出して、本人が漠然としか持っていないイメージを明確にしてくれるのです。

そんな営業マンに当たったのなら、信頼して任せてしまうことをおすすめします。

さて、間違いをしやすいのは、中途半端な聞きかじりの知識で、知ったかぶりしてクルマ屋めぐりをすることです。

営業マンの意見もアドバイスにも、だまされんぞ、という態度ですから、いい話聞けません。

そんな人の希望どおりの車は存在しません。

結局、妥協すべきところにこだわり、肝心なところでスカを掴みます。

空回りしているのが見えておかしいのですが、あんたアホですね、とはいえないので、営業マンはハイハイいってます。

まっとうな中古車屋ならマジメに相手をしないし、悪質な中古車屋はカモにします。

車だけじゃなくって、家でも、カメラでも、習い事でも、病院でも、なんでもそうだと思うんですが、素直になるべきところは、素直になりましょう。
中途半端はいけませんね。

コメントを残す