自動車保険の裏話

私が入社した平成ヒトケタ年頃は、保険料ってどこの保険会社でも一緒だったんですよ。

自動車販売会社と提携している保険会社が何社かあって、年度ごとに各店舗をぐるぐる持ち回りしていました。

満期の更新ごとに保険会社が変わったりしていました。

「あっ、おたく、また保険会社かわったんかいな?」
「まあ~、どこもおんなじでっさかい、今年はここでよろしく!」
なんて言ってましたね。

売り手の都合で物言ってます。こんな商売をしているようじゃいけません。

1998年に自動車保険自由化があり、サービス内容も保険料もばらばらになりました。

外資系の保険屋さんが、頑張るようになりました。

どこでも一緒とは言えなくなりました。

ここで裏話。

ディーラーで保険に入るメリットって、客の立場から言うと、あんまりないです。

選択肢が狭いし。

担当はコロコロ変わるし。

町の古くからある保険代理店で、しっかりしていて信用のある人から入る方が、いざというとき頼りになります。

いざって時は、事故の時です。駆けつけてくれる人です。

保険会社の電話の向こうの事故担当者は、相手への賠償をスムースに、安く抑えるのが目的ですから、親身になってくれると、期待しないほうがいいです。

頼れるのはやっぱり人間関係です。

事故はしない! お守り代わりに…と思っていい人は、テレビでよくコマーシャルをしている中から一番安い保険にするのがいいと思います。

そんな人は確かにいてます。

30歳を過ぎていて、運転歴も長く、ゴールド免許で、日常そんなに乗らないし、クルマもごく普通のファミリーカーだって人は、そうしたほうがお得です。

かなり安いです。

保険会社もうまくしたもので、そんな人にはどんどん、入ってもらいたい。デンジャラスな人は、よそに行ってね、という設定になっているようです。

保険会社にとって、自動車保険って儲かりませんから、リスクの少ない人だけ取りたいというのが本音でしょう。

(デンジャラスの地域では赤字だそうです。大阪とか。)

まあ、保険会社の事情はどうでもいいんですが、優良ドライバーの人は、ネットから一括見積もりすれば、自分にあったプランを探せると思いますよ。

コメントを残す