プラグがかぶったときの対処方法

長らくほったらかしのクルマは、バッテリーがあがるほか、プラグがかぶるということがありました。

プラグかぶりって、今の車にはほとんど無いんじゃないかと思うんですが、ローターリーエンジンはかぶりやすいようです。

プラグかぶりとは、エンジンスタートさせる時、一発でうまく点火しないと、ガソリンの混合気がプラグを濡らしてしまって、さっぱり点火しなくなるという現象です。

スターターを回せば回すほどプラグがかぶりますので、こうなったらプラグを外して乾かさないといけません。

プラグコードを引っこ抜いて、プラグレンチでプラグを外します。(プラグレンチは車載工具の中にあったものですが、最近の車にはないかも。)

プラグを抜いたら、ガソリンでベタベタになっているのがわかります。

手っ取り早く乾かすには、ガスコンロでプラグの先を焼きます。台所のガスコンロで5分も焼けばよいでしょう。

ついでに金ブラシなどで煤をキレイに磨きます。

プラグとプラグコードを元通りに戻して、またスターター(セルモーター)を回すんですが、このとき勢いがないと元の木阿弥ですので、バッテリーを充電しておくか、他の車からつないでエンジンを回します。
一度、ちゃんとかかれば大丈夫です。

 

エーモン K185 プラグレンチ T型ロング

 

日本特殊陶業(NGK) スパークプラグイリジウムIX(ネジタイプ/ターミナル無し) 熱価8 CR8EIX
(プラグを買うときは、クルマに適合するか確認してください。)

コメントを残す