事故車の査定や販売のことなど

ディーラーの下取り車には、事故車も当然入ってきます。

ディーラーの信用問題にかかわりますので、事故歴車は、修復したとしても店頭には並べません。業販課に回ってきます。

ディーラーでは事故車の査定はキビシイので、下取りの場合、スクラップ扱いが多いですね。

しかし、売れるクルマは事故車でも売れます。原価ほぼゼロで、ボロ儲け。

ヤング向けの人気のあるスポーツカーなど、少々事故していてもあんまり関係ないですね。事故車でない車のほうが少なかったりします。

事故車の現状のままで売ることもあるし、板金修理して売ることもあります。

直す、直さないの判断基準は、どちらがより儲かるかです。

事故現状のまま欲しいという、パーツ屋さんやレース屋さんもありましたね。レース屋さんはエンジンをぶっ壊したりするので、予備がほしいみたいです。

事故車は扱わない店も多いですが、じょうずに捌けば儲かりますね。

というわけで、事故歴のあるクルマはディーラーに下取りしてもらうと、損です。

今は、事故車でも買取してくれるお店の情報を得やすい時代なので、うまくたちまわりましょう。

事故車の買い取り専門。

あなたの動かないクルマ、買い取り査定いたします。


ちなみに、クルマ屋の言う事故歴車とは、一般の感覚とはちょっと違いまして、損傷の程度、部位により判断します。

窓が割れたとか、バンパーがへこんだくらいでは事故車にはなりません。

ボディでも、外板じゃなくてインナーパネル、フレームを修理したとか、歪があるとかいうクルマが事故車なのです。軽自動車などは、うしろからちょっと追突されても、すぐ事故車です。

逆に、クルマが傷んでなければ、人を轢き殺していても事故車じゃありません。

行政処分とかは関係なくて、あくまで車両の修復の状態で判断します。

住宅の場合、自殺者が出た等の場合、告知義務がありますが、クルマの場合はわかりませんねー。

気になるようなら気休めにお祓いしてもらいましょう。
[事故車] ブログ村キーワード

コメントを残す