自動車税のトラブル

3月に車を手放しますと、自動車税にまつわるトラブルが多いです。

というのも、自動車税は4月1日時点の持ち主のところに納付書が行くのです。

クルマはクルマ屋に渡して、もう手元にない、といっても、車検証に記載されている所有者使用者が変わっていなければ、その人が納税義務者です。

しっかりしたクルマ屋さんなら3月中に、抹消登録をするか、自社に名義変更をします。

3月も末に迫ると、車庫証明の関係で、名義変更が間に合わない場合もありますが、その場合は、あらかじめ納付書が送られて来る旨の説明があるでしょう。

コワイのが、下取車が転売されていくケースです。

あなたの名義のまま、わけの分からないルートにクルマが流れていく。

自動車税の納付書はくるし、駐車違反の通知書はくるし、どないなっとんねん!

挙句の果てに、印鑑証明書の期限が切れたので、もう一枚ください、なんてことも。あなおそろしや。

抹消登録か、名義変更をしたという車検証のコピーを送ってもらえれば安心ですね。しっかりした会社は、ちゃんとやってくれます。

ここは黙っていても送ってくれました。

【便利!】欲しい車がきっと見つかる!ガリバー中古車ご提案サービス

ちなみに、4月1日以降に買ったクルマの自動車税は、たいていクルマ屋に払う諸費用に含まれています。

(軽自動車を除く)

[自動車税] ブログ村キーワード

コメントを残す