改造車の査定は大幅ダウンです

改造車って、おおむね査定は低くなります。

その理由は、販売ルートが狭くなるということです。

オーディオに凝りまくって、ドアの内張りまで変えて、100万円かけていたとしても、同じ価値観を持つマニアは少ないでしょうし、マニアは、人のセッティングより自分好みのセッティングにしたいもんですから、ベース車を安く、という考えになるものです。

特殊なペイント、痛車なんかもしかり。もしかしたら、すごく高値で取引される市場があるのかもしれませんが、一般的なディーラーだと、塗装し直しが必要という話になって、大幅査定ダウンです。

走り屋仕様とか山登り仕様も、酷使されているとみなされて査定ダウンです。車検が通らないような違法改造車であれば、ディーラーの敷地内に入ってくれるな、という対応をされることさえあります。

 

あとで売ることを考えるなら、クルマはやっぱり万人向きのノーマルがいいですね。

真の車愛好家なら、売ることなんぞ考えずに、いじくり倒すのがいいと思います。(安全性を損なわない範囲で)

 

でも、ジャンルによっては、マーケットが広い分野もあります。お客が多い、需要が高いジャンルです。

今はあんまり見かけませんが、ローダウンで、ライト類が妙な色でピカピカしているワゴンというのは、けっこう流通していた時期もありました。

まあ、一時の流行りもんですね。

査定価格は、程度やセンスにもよるとは思いますが…

Car Purchase Section


 

ちなみに、トラックは架装されているのが普通ですので、査定アップになるケースは結構あります。クレーンとか、冷蔵箱とか、需要がありますから。

コメントを残す