最強のモンスターマシンは、トレーラーヘッドだと思う

私が車屋時代、業販の傍ら、輸送のアルバイトもしていました。いろいろな車に乗れて楽しかったです。

RX-7とか、スカイラインGT-Rとか、ポルシェとか、スポーツカーは好きですねえ。

商品ですので、そんな無茶なことはできませんが、高速道路でちょっとスピードオーバーしたり、駐車場でパワードリフトして遊んでました。

教習所払い下げのクルマで、非模範的走行をするのも、なかなか愉快でありました。

0-07

いろいろ乗った中で、最強のモンスターマシンだと思ったのは、トレーラーの頭だけのクルマです。トラクターといいます。

なんだか前のめりの、ブレーキを掛けたらひっくり返るんじゃなかろうかという形をしている、港の近くでよく見かけるやつです。

本来10トンとか20トンのトレーラーを引っ張るクルマですから、引っ張る荷物がないと、チカラが有り余ってます。

下が地道だったりすると、パワードリフトどころか、滑らさないようにするほうが大変。

上り坂なんかだと、タイヤがズルズル滑ります。

荷重をかけてもらおうと、「おーい、うしろ誰か乗ってみてー」と、2,3人乗ってもらったところで、何も変わらないです。
運転席は高いところにあるし、横幅もありますので、自分が強くなった気がしますね。戦車に乗ったらこんな気分だろうか。

ちなみにトレーラーを引っ張っていないトラクターだけだと、大型免許も牽引免許も不要です。

コメントを残す