ラミー サファリの万年筆はヤングな初心者にオススメ

 

ラミー サファリ

日本人なら筆だなあ~と思うのですが、たまには万年筆もいいですよ。

私はラミーサファリを普段使いで愛用しています。

年賀状や寒中見舞いなど、ちょっとしたお手紙や葉書を万年筆で書くと知的でおしゃれです。

ラミーのサファリは丈夫なプラスチックボディーで、鉄製のペン先も強いです。

金のペン先のような柔らかいしなりはないですが、わりと荒っぽい使い方をしても耐えてくれます。

プラスチックのボディも、カラフルでポップな感じがしてファッショナブルです。

あまり若い人が、モンブランとかペリカンとか持っていると生意気に見えますけど(ヒガミ?)、ラミーなら新入社員でも爽やかで高感度高し。

 

おねだんもライトでポップ。普段使いだと、出先でなくしてしまうこともあるんですが、打撃の少ないお値段です。

 

私は、お手紙を書くときに使うことが多く、ペン先はM(中字)にしています。なめらかにスラスラ書けて、字がうまくなったような気になります。

ノートとかメモ、手帳に使うなら細字のほうがいいかも。

Mだとけっこうインクの出る量が多く、ページを繰った時にまだ乾いてなくて、向かいのページに写ってしまいます。

 

ラミーのインク壺

私は、クルクル回して、ペン先からインクを吸い上げるのが好きなので、吸引式コンバージョンを使ってます。

カートリッジも使えますが、万年筆っぽいのは吸引式だと思っております。

ラミーのインク壺は、底の部分に、補充の際に汚れたペン先のインクを拭取るための紙が、くるくる巻いて収納してあって面白いです。

 

ペン先が汚れたとしても、脇においてあるティッシュペーパーで拭けばいいだけの話なので、たいして実用的だとも思わないんですが、そこが通の味わいですね。

ビンについている紙を使うのが、なんとなくもったいなくて、インクだけ先になくなってしまうというのは、ちょっと貧乏臭くてかっこよくないです。(私ですが)

どんどん使いましょう。

コメントを残す