中古車の入札会

現在中古車流通のメインはオークションですが、入札というのもありました。

今でもあるんかなあ?

ディーラーの下取り車や、リースアップのクルマを並べておいて、買いたい人が、紙に金額を書いて提出しておくんです。

いい車はセリ(オークション)、あんまり良くないクルマは入札というケースが多かったと思います。

買う側からすると、競るほどでもないけど、最低このくらいなら買ってもいいかあ~というのが入札です。

リースアップなんかだと、おんなじような、看板の入ったクルマが、ずらーーーっと並んでいます。

何十台もいらないし、何台かはほしい。

これ、なかなか金額つけるのむつかしいです。

入札には談合がつきもので、他の入札者に、なんぼくらいつける? なんて聞きます。

◯◯万円くらいかなあ~なんて言ってますが、ホントかどうかわかりません。

主催者がそれとなく言ってくれたりもありました。

数字を見て、おや?惜しいなあ~とつぶやいてくれたり。

指を立てて、あと何本??みたいなやりとり。最低落札価格ですね。他に入札者がなければ頂きです。

これ、公共事業の請負とかでやったら、逮捕です。

でも、入札っていうシステム、あんまりいいと思えないんですよ。ホントは低い金額でほしいのに、高い入札をして、落札できたはいいけれど、2位との差が、何十万円も開いてたらバカみたいじゃないですか。

むかし、無人島の入札でそんなニュースありましたね。億単位の開きがあったとかで。

やはりオークションが透明で公平です。オークションする程でもない、という時短の手段が入札です。

公共事業は、オークションにしたらいいと思うんですよね。最高価格から始まって、逆オークション。

これ以下に安くはできない!! ってところで受注。

なんでやらないんでしょ。頭悪いんかなあ??

[入札] ブログ村キーワード

コメントを残す