個人所有のクルマを法人名義に変更する場合の自動車保険の等級割引の引き継ぎについて

家業を法人化する場合、自動車も法人名義にしたいことって、よくあると思います。

クルマが個人名義のままでも、ガソリン代やら整備代は、法人の経費にできますし、保険の契約者も法人に変更できますので、特に問題はないようなものですが、車両入替の時に新たなクルマを法人名義で購入すると、自動車保険が新規加入になってしまうのですよね。

個人での保険の等級があがって割引が大きくなっていた場合、新規での加入になると、ずいぶん保険代が上がってしまいます。

うちの場合、車の所有者である社長(父)が年老いてきて、あまり自分自身がクルマに乗ることがなくなってきましたもので、クルマは会社名義に変えておくことにしました。(相続対策でもあります。)

保険の等級は最高まで進んでおります。

この保険を活かしたまま、車の名義を法人に変えることはできるのでしょうか?

個人事業が法人成りしたと証明できればOK

保険会社の判断になりますが、個人でやっていた事業を、法人でやっているんだと、書類で証明できればOKという話でした。

必要書類は、会社の履歴事項全部証明(事業の目的があっているかをみるため)、納税証明、そして税理士のサイン入りの「継承に伴う確認書」でした。

こちらは保険会社で様式が用意されておりました。

「○○(個人事業主)はこのたび営んでいた事業を法人化することとし、平成何年何月何日をもって株式会社ナニナニとなったことを確認いたしました。税理士ダレソレ」という簡単な書類です。

注意することは、保険の継承手続きが先だということです。

自動車の名義変更を先にやってしまうと、保険は継承できませんので、事前に保険会社に相談することをおすすめします。

コメントを残す