生石高原の一面のすすきは死ぬまでに見ておきたい絶景

生石高原(おいしこうげん)は和歌山県有田川町と紀美野町との町境にあります。

和歌山に行った時、道路案内によく出てくる生石高原ってどんなところだろ?と思って走っていってみたところ、予想外の光景にびっくりして、感動いたしました。

見渡す限り、すすきの草原なのです。

生石高原のすすきの見頃

dscf1164

ちょうどすすきの見頃の11月に訪れました。

辺り一面すすきです。

見渡す限りススキです。

分け入っても分け入ってもススキです。(本歌 種田山頭火)

dscf1156

右へ行っても左へ行ってもススキです。

 

ススキって、哀愁というか寂寥感といいますか、なんだか淋しげで、ウキウキという気分ではないです。

カップルで来るのも良いですが、付き合いはじめたふたりがウキウキ、このあと山の麓のホテルでお泊りでもしようか、というイメージではなくて、長年連れ添ってきたふたりが、そろそろ晩年を迎えようとしている時、いままでの幸せや苦労をしみじみ思い出して、あらためてお互いに感謝の気持ちを持とうか、みたいなかんじですね。

dscf1178

うちは家族で行ったんですけど、娘は眠たそうであんまりはしゃいではおりませんでした。でも、この光景はずっと覚えているんじゃないかなと思います。

 

生石高原には、普通の山のような高い木がないもので、見晴らしは抜群です。360度のパノラマ風景です。

dscf1143

生石高原は、関西の百名山92番になっております。

なだらかな山になっておりますが、そんなに急ではないので、登山ルックでなくても、歩きやすいですね。

標高870mありますし、風が吹いたら吹きっさらしですので、11月ともなれば、寒くないように着込んでおいたほうがいいかもしれません。

生石高原のアクセスと駐車場

生石高原には、クルマじゃないと、たどり着くのは困難かと思われます。駐車場はわりと広いのがあります。無料です。

住所は、和歌山県有田郡有田川町生石・楠本地区/紀美野町中田地区。有田I.Cから車で40分、または国道370号を霊場高野山に向かい紀美野町吉野から約20分です。

グネグネ道ですが舗装された走りやすい道路です。

dscf1162

「山の家おいし」という御食事処があり、生石山の周辺の名産品、醤油、ジュース、地卵、金山寺みそ、ゆずジャム、しいたけの佃煮、シュロのたわし、手作り木工細工など販売しています。

ちなみにシュロというのは、紀美野町あたりの山の中に、ものすごく生えている木なんですけど、表皮をバリバリと引っ張ると、網みたいに剥がれまして、これでタワシや箒を作ると、とっても優しい天然素材なのです。(余談)

dscf1145

 

ヤギもおられました。(高原に野生の山羊がいるわけではなくて、ペットと思われます。)

dscf1146

dscf1155

コメントを残す