加齢臭・体臭・足の匂いを消す方法

dscf5201

私はそろそろ加齢臭が出てくる年齢に近づいてきているのですが、そんなに臭くないです。

自己診断なので、いい加減なもんですが、あまり人に指摘もされてないです。

足の匂いはどうかなーと思いまして、くんくんと靴を臭ってみましたところ、いい匂いということはないですが、それほどクサイということもないですね。ヨカヨカ。

湯シャンのすすめ

そんな私は、ここ1年以上石鹸やシャンプーを使っておりません。生活費を切り詰めているわけじゃなくって、ものの本に、書いてあった情報に従っているのです。

>>マンガで分かる肉体改造 湯シャン編/ゆうきゆう

 

詳しい内容は、本を読んでもらうとして、シャンプーをやめれば髪が増える、石鹸を使わなければ、肌の調子が良くなるという本であります。

シャンプーや石鹸の代わりに何をつけるんだといえば、何もつけないでお湯だけで洗いなさいということです。

で、お湯だけで洗ってもう1年、髪の毛はあまり増えている気がしないんですけど、体全体が脂ギッシュじゃなくなりました。

以前は、夜にオフロに入って、朝に起きれば、顔はもう油っぽかったし、朝に顔を洗っても昼にはベトベトしていたかんじだったのですが、最近はいつもサラサラなんで、顔を洗うのを忘れます。

なんだか、目やにがついているな、というときだけ、ピチャピチャと目の周りだけ水で洗っております。

これはどういうことなのかといいますと、洗剤で体を洗うということは、脂分を不自然に必要以上に落としすぎるということで、それに対して、身体が皮膚を守ろうと、過剰に油を分泌するという悪循環なのですね。

この悪循環を断ち切るためには、シャンプーや石鹸などの洗剤をやめればよいのです。

洗剤をやめても最初のうちは、油脂の過剰分泌は続いてますので、よけいに油っぽくなります。このころは、私も母親に、「あんた、最近クサイで!」と指摘されました。

妻に言われなかったのは、鼻が麻痺してたんだと思います。

油ギトギトでかなり気持ち悪いんですが、ここは我慢です。やがてサラサラになってきます。

いまでは、ちょうどいい脂分におちつきまして、ベタベタせずに、しっとり爽やかです。風呂に入れば、皮膚が水を弾くみずみずしさです。

そして、臭くなくなりました。

体臭のない食生活

食生活も関係あるんじゃないかと思っております。妻の病気をきっかけに、このごろ食生活を変えております。

といっても、全然脂分を取らないパサパサの食生活というわけではありません。

肉や魚はどんどん食べております。野菜果物もどんどん食べます。

ご飯は玄米を少し。パン屋うどんなどの小麦粉食品は、すっかりやめました。

タバコは元々吸わないし、ビールや酒は、宴会のときだけです。この食生活が体臭と関係あるのかどうかはよくわかりませんが、体重は軽くなりました。

お通じは良くて胃腸は快調です。

日本人は体臭が少ない?

ところで、日本人は体臭があまりないという話を聞きます。

たしかに、以前、夜行電車で黒人の団体と同じになって、その強烈な匂いにびっくりしたことがあります。

全員揃いのスーツを着ていて、スポーツの団体のようでしたが、あまりに臭くて車両を移動しました。

しかし、ヨーロッパでは、日本人がクサイと言われているという話も聞きます。特に口臭がクサイと。

これってつまり、普段嗅いでない匂いをクサイと認識しているんじゃないでしょうか。普段食っているものが違えば匂いも違うでしょうし、つまり異臭ですね。

みんなでニンニクを食っていれば、みんな同じでみんないい、ってことになるんじゃないでしょうかね?

というわけで、臭い匂いは元から絶たなきゃダメ、ってことで、湯シャンと食事改善で、体臭は少なくなることでしょう。

それまで匂いを消すなら、最近の人気はこれです。

↑ 靴の匂い消しに。

↓ 脇の臭いに

 

↓ 虫歯や歯周病の予防にも

(子供用ですが、大人にも良いです。)

コメントを残す