特発性血小板減少性紫斑病を漢方で治療している経過報告

うちの奥さんが漢方治療を始めてからの経過報告です。

>>前回の記事

漢方処方前の血小板の数 8.7万(輸血した翌日の数字です。)

dscf6412

漢方誠芳園薬局にて漢方薬を処方されて
4日目の検査での数字 13万
7日目 14万
11日目 5万
12日目 3万(少ないので輸血)
13日(最後の輸血)
19日目 12万 (ここで退院)
22日目 9.5万
25日目 4.2万
27日目 7.7万 (週2回の検査を、10日に1回くらいに)
32日目 11万 (ここでステロイドの服用量を2.5減らして、1日あたり27.5mgに)
41日目 11.7万 (ステロイドをさらに減らして26mgに)

一年くらいは上がったり下がったりすると、漢方の先生からは聞いておりますけど、わりといいかんじに上がってきているような気がします。

まだ油断はなりませんが、このままステロイドを減らせれば、ありがたいですね。

いまのところまだ、禁酒しております。

私も家では禁酒です。外で飲む時は、そのぶんたくさん飲んでいます。

コメントを残す