花粉症対策 くしゃみ鼻水鼻づまりには鼻うがい(ネティポット)がおすすめ

花粉の季節が今年もやってきました。

花粉情報によると、すでに花粉が飛び回っている様子。

毎年、猛烈な花粉症で、鼻づまりで死にそうになっている私ですが、今シーズン、まだ鼻水が出ておりません。

おやっ!?

半年前から続けている対策が効をなしたのか?

効果のなかった花粉症対策

何が効をなしたのかを考える前に、効果がなかったものをまとめておきます。

私が花粉症を発症するようになってから(たぶん30歳を超えたあたり)、いろいろな対策をやってきました。

病院に処方してもらった薬は、そのとき限りのものだし、すごく鼻や口が渇いたかんじになるし、眠くなるのでやめました。

えごま油を飲み続けるというのは、シーズンの半年前から始めましたが、シーズン到来まで飲み続けることができなくて、効果が出るところまで至りませんでした。

ヨーグルトも然り。

ヨーグレットを食べると治るというのは、ほんとうに効果はありましたが、あれが効くのは、ヨーグレットを食べている間だけです。緊急の、その場だけ乗り切りたい!というときにはいいかもしれません。

水素サプリもいいように聞くのですが、あんまり花粉症には関係なさそうでした。二日酔い防止に水素はいいです。

鼻の奥をレーザーで焼くという手術は、やってないのでわかりませんけど、手術はしたくないですね。

鼻うがい(ネティポット)の効果

今回、効果があったかも!と思ったのは、実は、鼻うがいなのです。

鼻うがいとは、鼻を洗浄するものでして、けっこう直接的なかんじがしますが、効果はその場限りのものではなくて、実際に私は今シーズン、花粉症の鼻水、鼻づまりが出ておりません。

はじめて、本当に効果ありの花粉対策だったかも、と思っております。

鼻うがいのやり方

鼻うがいのやり方は、鼻から生理食塩水を入れて、もう一方の鼻の穴か、口から流すというもの。

冷たい真水だと、鼻の奥がキーンとなりますので、体温くらいの塩水にします。塩の濃さは、涙の塩辛さくらいに合わせます。(体液と同じ塩分濃度にすると、浸透率がどうのこうので刺激が少なくなるらしいです。)

そして、普通のコップだと塩水を鼻に入れづらいので、市販の専用器具を使います。ネティポットといいまして、アユルヴェーダで使われる道具だそうです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ヨガ ネティポット 鼻洗浄専用 鼻うがい
価格:540円(税込、送料別) (2018/3/5時点)

 

ネティポットには色々なタイプ、形状や材質のものがありますけど、私は540円くらいのプラスチックのを使ってます。

生理食塩水は、特別な専用液も販売されておりますが、私は、浄水器を通したお湯に瀬戸内の天然塩を入れております。(ヒマラヤ岩塩が一番いいそうです。)

私は、この鼻うがいを毎朝やっております。歯を磨き忘れることはあっても、鼻うがいはかかさず。

鼻うがいをすると、ドロロンと、鼻水が垂れ流れてきて、スッキリします。けっこう快感です。

花粉シーズンに限らず、朝はいつも鼻づまりだったのですけど、鼻うがいをやりだしてから、スースーと通るようになりました。

はじめのうちは、鼻うがいをしても、すぐにまた鼻水が出たり鼻づまりになったりしますけど、続けているうちに、一日中すっきりが続くようになります。

鼻うがいは危険?

鼻うがいは危険だという意見があるようです。

たしかに、冷たい真水だと、キーンと痛くなります。熱すぎても火傷するので危険です。そこは程々にいたしましょう。(鼻に熱湯を注ぐようなアホはいないと思いますが。)

それと、鼻にお湯を入れる時、頭を傾けますが、この角度が悪いと、耳に来て中耳炎になる恐れがあります。

ついーっと、自然と反対の鼻から抜ける角度がいいです。(口の方に抜けても良い。)

鼻が詰まっていると、スムーズに流れ出てこないので、フンフンッと鼻息で無理やり通したくなりますが、それも耳にキーンとくるので良くないです。

自然と、ドロドロと溶け出して流れてくるのを待ちましょう。無理して通そうとしないで、じっくり構えるのが良いです。

花粉症がすっかり治るわけではない

これを、半年続けて花粉シーズンを迎えましたが、まだ鼻水鼻づまりは大丈夫です。

しかし、目の周りはムズムズと痒くなって、これは花粉症の症状だと思われますので、完璧に花粉症が治るわけではなさそうです。くしゃみも多少は出ますし。

目のかゆみは、つい掻いてしまって、目玉の表面に傷が入ってしまいました。全治一週間で、これはけっこう大変なことになりましたので、気をつけましょう。

でも、例年、鼻水でデロデロになったマスクが顔に張り付いていたのが、マスク無しで過ごせるって、まったく素敵ですよ。(ただし、マスクをしている方が、花粉を吸い込まなくて楽なような気はします。)

花粉症の症状が治まった他の考えられる要因

朝、ネティポットとともに、毎日やっている習慣があります。

これも花粉症の苦しみを軽減しているかもしれません。

それは、朝一番にレモン水を飲む、ということと、ごま油でブクブクとうがいをして、舌磨きをする、ということです。

えごま油を飲むと花粉症が治るといいますが、ごま油でうがいも効果があるのかもしれません。よくわかりませんが。

ごま油うがい(オイルプル)に関しては、次の記事でご紹介いたします。

>>オイルプルのすすめ

 

それと、毎日ではありませんが、たまにコーヒーエネマもしています。

これは腸のデトックスのためのものでして、腸の健康に役立っていると思います。

>>コーヒーエネマについての記事

コメントを残す