満腹状態で太極拳

昼飯を満腹するまで食った後、太極拳の練習をしていたら、気持ち悪くなりました。

スポーツするときに満腹状態はよくありません。これジョーシキですね。消化不良になります。

基本功の練習をしているときから、げーと吐きそうになりましたが、ここはあえて続けてみました。

すると、苦境(?)の中で見えてくるものがあります。

お腹に力を入れない

套路の動きの中で、胃が苦しい動きというのは、お腹をねじったり、腹筋で踏ん張ったり、持ち上げようとした時です。

これは太極拳的には、あまり好ましい動きじゃありませんね。

でも、通常は、そんな動きをしても、苦しくならないから気が付かないです。(推手だと攻められますが。)

これが満腹だと、そんな動きになるたびに、ゲーと吐きそうになります。

苦しくならないためには、お腹にねじれとか、腹筋に力がかからないようにすることで、これは、はからずも理想的な太極拳の動きに近づくじゃありませんか。

イメージとしては、骨格の動きだけで、体をコントロールしている感じです。

傾いたり、筋肉で引っ張ったり、衝撃をかけないで、ゆっくりゆっくり、そうですねえ、胃のあたりにニトログリセリンの缶でも置いてあって、爆発しないようにそろそろ動く感じ?

まあ、こんな練習方法に意味があるのかどうかわかりませんが、一つの気づきにはなりました。

太極拳以外の武道では、あんまり理解できないような気もしますし、健康上よくないような気もするので、満腹で練習するのは、おすすめはしないです。

コメントを残す