盗難車の見分け方

盗難車はだいたい警察行きですから、あんまり目にすることはないんです。

しかし、査定で入ったクルマで怪しいのがありました。怪しいにおいがするんですよ。

人気あるスポーツカーだったんですが、まず、色が変だと思いました。黒い車なのですが、どうも変。

ボンネットの中に貼り付けてあるコーションプレートの色コードを見てみると、赤のコードでした。

怪しい。

色を塗替えたっていうなら、べつに悪いことはないんですよ。(査定は下がるけど。)

しかし、次に、プレートの横、車台番号の刻印がおかしい。不自然に赤の塗装で囲んであります。

決算で在庫の確認をするため刻印の拓本をとります。そのとき拓本テープを貼って上から赤鉛筆で塗りつけるんで、その跡のように見えないこともないですが、不自然。

別の車の刻印を打ち抜いてきて、貼り替えたあとをごまかしているように見えます。
見れば見るほど怪しい。
こんな車は査定できませんので、もってきた営業マンに突き返すことになります。(後のことは知りません。)

[盗難車] ブログ村キーワード

コメントを残す