最強のアイフォンケース

二年ほど前に、普通の携帯電話からアイフォンに替えました。iPhone4です。

携帯は胸ポケットに入れることが多くて、よく落としていたんです。

電話のフチが削れてボロボロ。

 

アイフォンは全面ガラス張りみたいなもんですから、落っことしたらまずかろうということで、ケースを買うことにしました。

ソフトバンクの店で売っていた、フチドリだけのケースだと心もとないので、一番丈夫だという、アメリカ製の「OtterBox」を選びました。

アイフォンケース

ちょっと、というかだいぶゴツイ感じになりました。

ぱっと見、アイフォンかなんだかわかりません。

裏側の穴からリンゴマークが見えるので、かろうじて、アイフォンだ、とわかります。表面のガラス面もカバーされています。

プラスチックとシリコンでできていて、頑丈です。

落としても大丈夫なようにと選んだのですが、シリコンが滑り止めになって、落とさなくなりました。

この滑り止めが役立つのが、自動車に乗っている時です。

ダッシュボードに載せた時、アイフォンむき出しだとツルッと落っこちですが、これだとひっついてくれています。

マップを表示させている時に便利。
最近は1歳になった娘が、放り投げたりカジッたりするのにも、耐えてくれています。

さすがに、淵の部分が欠けてきたり、充電器差込口のカバーのゴムが、噛み千切られそうになって来ました。

アイフォンと娘

分解するとこんなかんじです。

表面の透明プラスチック部分は、指でこする部分がずいぶん削れてきました。
爪が当たるんですね。

でも、とくに見にくくなったということも無いです。

otter box

OtterBoxのおかげで、アイフォン本体はまるで無傷です。

見た感じが無骨なので、もうちょっと洒落た感じのがほしいような気もするんですが、業務でアイフォンを多用するひとにはオススメですね。

せっかくのスティーブジョブスが愛した機能美が、ぜんぜん生きてきませんもんで、センスの良さを重視する人には不向きです。


OtterBox Defender iPhone5 ブラック

コメントを残す