中古車販売の研修

就職した自動車販売会社では、希望通り中古車部に配属され、まずは研修でした。

中古車の場合、洗車が日課です。展示車の洗車の仕方から教わりました。手っ取り早く何十台も洗っていくのも、テクニックがあるのです。

いらっしゃいませ、ありがとうございます、といった挨拶の仕方、商談の仕方、車庫証明の上げ方や登録納車などロールプレイングで練習させられます。

査定や保険のこと、価格、相場など、中古車ってのは幅広く覚えることがあります。

自社ブランド以外のクルマの装備や価格も、ある程度は知っておかねばなりません。

注文書の書き方が難しかったですね。

パソコンに入力をしたら、自動的に計算してプリントできるという時代ではありません。

3枚綴りの複写の紙にボールペンで強く書かねばなりませんでした。

テーブルの向かいのお客様の方に注文書を向けて、逆さまに数字を書いていくという器用な先輩もおりました。

値引きをして、トータルで100万円ポッキリ! なんてしてしまったら、消費税の逆算とかややこしかったです。

消費税が、新車は5%、中古は3%という時代でした。消費税に2種類もあるなんて、いまでは考えづらいですね。

コメントを残す