太極拳とサップ

夏休み、家族と琵琶湖に行きました。

マキノのバンガローに泊まって、バーベキューをして、泳いだり、カヌーに乗ったり、花火をしたり。

今回始めて、度入りのゴーグルを作っていきましたが、これ、なかなか感動モノです。

普段メガネの私は、泳ぐ時はメガネなし。水中だと、ぼんやりとしか見えないんですけど、度入りのゴーグルはスッキリくっきり!

おすすめです。

(度数は目医者さんで調べてくれます。)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

タバタ ビュー【Tabata VIEW】ジュニア専用 度付き 水泳ゴーグルセット 2019年継続モデル【VC750 VPS741J 水泳 度付入りスイムゴーグル 度数入りゴーグル】【メール便不可】[取り寄せ][自社]
価格:2160円(税込、送料別) (2019/8/29時点)

楽天で購入

さて、遊びの予定にはなかったのですが、通りがかりにサップの看板を見つけました。

サップというのは、サーフィンボードを浮かべた上に立って、長いパドルで水を漕いで進むというイメージのものです。

スタンディングサーフィンとも言うらしいです。

私は以前一度体験したことがありますが、妻と娘は始めて。

やってみよう!ということで、インストラクターつき体験コース60分を、大人4000円子供3500円を申し込みました。

このサップ、最初は、ボードの上に正座、次は、膝で立った状態、そして足の裏で立ってみる、ということになりますが、妻は立つなりドボン。

娘は、何度もひっくり返ってましたが、けっこう上手に立てるようになりました。

私は2回めということもありますが、初めてのときからわりとすんなり立ててます。

これは日頃太極拳で体の重心を意識していることと、無関係ではありますまい。

カヤックの名人が意外とできなかったりしますし、マリンスポーツの慣れとは関係ないと思います。

サップの立ち方は、まさに「馬歩」と同じです。進行方向に向かって、真横に足を開いて左右のバランスを取ります。

前後のバランスは、そう意識せずとも、ボード自体が長いですから安定してますね。長距離を漕ぐような乗り物ではないと思いますが、けっこうクイックな転回もできて、おもしろいです。

というわけで、太極拳修行者には楽しみやすい乗り物だと思いますので、おすすめです。

>>ノーススタイル 奥琵琶湖|SUP-サップ-(スタンドアップパドルボード)スクール

小学4年生からと書いてますが、2年生の娘でも、インストラクターの先生に引っ張ってもらって、大丈夫でした。

コメントを残す