リコール隠しについて

新車の話になったので、リコールについて。

メーカーによって、気軽にぽいぽいリコールをだすメーカーと、ださないメーカーがあります。

なんだか、リコールが多いメーカーって、いい加減なのかと思われそうですが、私が思うに、そうともいえないのではないかと。

むしろ、リコールをださないメーカーのほうがコワイ。

サービスキャンペーンのお知らせとかいって、密かに修理したりするならまだしも、隠蔽体質のメーカーがその昔あったんです。某三菱自動車という会社ですけど。

不具合を認識しながらほったらかして、その結果、事故が続いて、大騒ぎになって、大量の失業者を出して、ハローワークがその関連会社の人であふれたことがあります。

私が勤めていた会社、マツダはその点正直でして、新車の納車までにリコールが出たりしてました。いまさらリコールを出すことに、恥も何もあるかい! という雰囲気もありました。

店頭に並んだ新古車の後ろガラスに、リコールマークが2つも3つも誇らしげについたりしておりました。(リコールの対策済みのシールです。)

自慢するようなものでもないですが。

ただ、参ったのは、その感覚で気軽に「リコールですよー」とお客さんに伝えたら、エライ剣幕で怒られたことがあります。

不良品売りつけやがって! 事故があったらどうする! ってなもんです。

リコールというのは、将来不具合が出るかもしれないから、早めにメーカー負担で修理しておきますよってことなんで、怒んないでください。

[リコール隠し] ブログ村キーワード

コメントを残す