神のナンバー

臨時運行許可番号標は「仮ナンバー」とは、よく言っていましたが、「神のナンバー」と呼ばれているとは、ついぞ知りませんでした。

街道レーザーが旧車の不正改造車で集会をするのに、この、神のナンバーを使うんだそうです。

ナナメに赤い線の入っているナンバープレートです。

本来は、抹消された車両を検査受けに車検場に行く時や、解体屋や、船乗り場に自走して行く時に使うナンバープレートです。

これは、市役所で借ります。短期間の自賠責保険に加入します。申請した車両だけに使えます。

これとは別に、ディーラーや回送業者が持っている、通称「ディーラー板」というのがあります。赤枠で囲まれたナンバープレートです。

こちらは陸運局の管轄でして、1年更新です。

毎日何台も回送するので、いちいち仮ナンバーを借りていられませんでしたから、ありがたいナンバーです。

使用の都度、台帳に記録していきます。

どちらにしても、不正利用はいけません。てんぷらナンバーは論外。(他の車のナンバーです。)

コメントを残す