軽自動車は軽油で動くのではありません

軽油は軽自動車に入れるものと思い込んでいる人がいるようで、それはとっても危ない話。

エンジンがかかりません。

軽自動車はガソリンで走ります。

間違えて入れてしまったら、軽油を抜いて洗ったり、一万円くらい費用がかかります。

軽油はディーゼルエンジンの車に入れるものです。

昔は軽自動車にもディーゼルの車があったそうですが、1960年代の話で、今はありません。

今時のディーゼル車は静かになって黒煙も出ないし、ガソリン車と区別がつきにくいですね。

ディーゼル車にガソリンを入れてもダメです。

セルフサービスのガソリンスタンドが増えて来ましたので、気をつけましょう。赤いノズルがレギュラーガソリン、軽油が緑、ハイオクは黄色です。

レギュラーとハイオクは間違えてもどうということは、ないです。性能を発揮できないだけ。(古いヨーロッパ車など、調子が悪くなるのもあります。)

でも、ガソリンと経由は、絶対間違えませんように。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク