胎盤を食べるのは危険か?

胎盤のサプリは危険だと注意喚起がなされているというニュースを読んで、うちの妻が、えーっ、そんなサプリがあるの?と、嫌悪感を表しておりましたもので、私は反論したくなりました。

いや、別に私は、胎盤食賛成派でも反対派でもありません。

ヤフーのニュースごときの世論誘導に、感情が揺さぶられることに反対なのです。

ニュースの裏を考えよう

いちいち妻に反論をぶつけたいわけではないんですけれど、妻や子には、誰かの意見に誘導されずに、物事を正しく見て、正しく考える、人の言うことの裏を考える、という習慣をつけてもらいたいと、思っております。

私のいうことだけは、勘ぐったりせずに、素直に聞いてもらいたいと思うのですが、概ね逆なのですよね。困ったものだ。

 

で、ニュースの文面一つ一つに意見したいと思います。

ツッコミどころ満載でありました。

産婦人科系専門誌「American Journal of Obstetrics& Gynecology」に昨年掲載された論文では、「ヒトが胎盤を摂取する臨床的利点の科学的根拠は全くない」と健康効果を否定。さらに「潜在的危険があり、医師は女性たちが実践しないよう指導すべきだ」と結論付けている。

まずは、こちらの文面に反論。

科学的根拠がなければ間違っていると誘導してますけど、漢方とか、アーユルヴェーダとか、科学的根拠のない健康法は多いですし、霊魂はあるのかないのかなんてことも科学的根拠はないです。つまり、科学の方が遅れておるのです。わからないことのほうが多いのです。

「科学的根拠がない。」なんていうのは、小学生が、ぼくの持っている国語辞典には載ってないよ、と口をとんがらせて、口答えしているようなもんだと思っております。私は。

んで、この専門誌がどのくらいの権威があるのか知りませんが、そいつが「指導すべきだ。」と結論しているからって、なんだっていうのだ、と思うのです。私は。

次。

CDCによると、2016年、新生児がB群連鎖球菌(GBS)感染症を発症し、病院に運ばれた。11日間の治療を受けて完治したが、退院5日後、感染症が再発。母親の母乳などからGBSは検出されなかったが、母親が摂取していたカプセルからGBSが検出された。母親は、自身の胎盤を加工したカプセルを産後3日目から1日3回2粒摂取していたという。これにより、「母親の腸や皮膚へGBSが定着しやすくなった」ことが新生児の感染要因と考えられるという。

この例は事実なのでしょうが、同じような症例がいくつあったのかと思うのです。

パーセンテージでいえばどのくらいなのか?

逆に、問題がなかった例はどのくらいあるのか?

予防接種で副作用がでた割合と比較してどうなのか?

公平に幅広い目線で見ないと、よくわからないと思うのです。

それに因果関係も、推測っぽいですし。

科学的根拠を示せ!といいたくなります。

たとえて置き換えてみれば、横断歩道を青信号で渡っていたのに、車に轢かれた人がいました、青信号で横断歩道を渡ったのが、死亡事故の要因だ、横断歩道を青信号で渡るのはやめましょう、というような話じゃなかろうかと思うのです。私は。

CDCは「汚染された胎盤を使ったカプセルの摂取は、母親の感染症リスクを高めるとともに、子供のリスクも高める」とし、「胎盤の摂取は避けるべき」と主張している。

アタリマエやろ! と、突っ込みたくなるのです。この前半の、「汚染された…」ってところです。

食い物でも、汚染されてたら、お腹壊しますよ。

この文を、ちょっと変換しますと、「汚染された牛肉は、お腹を壊すリスクを高めるので、ステーキの摂取は避けるべき。と主張している。」ということになりますよ。

書いている人、自分でおかしいと思わなかったんでしょうかね??

最後に。

胎盤は通常、医療廃棄物として廃棄される。TGAは「胎盤の適切な保存方法や、安全な食用として加工するための基準は定められておらず、ウイルスなど感染因子を含む可能性が高い」としている。

まず、「通常」っていうのと、正常か異常かというのとは関係ないです。そういうケースが多いというだけの話。

保存方法や加工の基準が定められていないっていうのは、制度が遅れているというだけの話。

たしかに、規制がなければ、イケイケドンドンいくのが人間の性でして、仮想通貨でも民泊でも、いろいろ問題は出ておりますけど、それ自体の善悪と、その運用方法の是非は、また違った次元の話ではなかろうかと思うのです。私は。

ですので、これをもって胎盤を食うのは、まったくトンデモナイ話だ!というのは、短絡的というより、なにか都合の悪いことを隠蔽するための誘導じゃなかろうか、何かウラがあるんじゃないか、これによって、誰かが、得したり損したりするんじゃないかと、勘ぐるのが良かろうと、そんなふうに考えた次第です。

というように妻に申しましたら、なんとなく同意してもらえたようでした。よかったよかった。

ちなみにもう一度申しますが、私自身は、胎盤食には、賛同もしておりませんし、反対もしておりません。

野生動物は出産後、胎盤を食べてしまうんだから、問題はないだろう、というぐらいに考えております。

コメントを残す