下取り車はキレイに乗っていたら高値になる?

下取り車はキレイにしていたほうが高値につくのか?

印象は良くなります。

傷だらけ、ゴミだらけのクルマは見た瞬間、まじめに査定する気がなくなります。

ディーラーの査定というのは、減点方式でして、何センチの傷で何点減点とか、側面要塗装で何点とか、あるんですね。

基準価格が低いと、減点したらマイナスになったりします。見た瞬間、ゼロだとわかりますんで、もう、計算しません。

きれいに洗ってあるクルマなら、いちおうキチンと査定しなければという気持ちになります。

業販での査定は売れる値段から逆算しますんで、ロシアなら上限いくら、とかいうふうに考えてました。

程度によって、売り先と売値が変わるというわけです。

ピカピカに磨き上げる必要はありませんが、マトモに査定できる状態であるほうがいいですね。

大切に乗っているといえば、病的に大切に乗っておられたお客様がいました。

旧車になるには、まだちょっと中途半端というくらいのクルマだったのですが、新車の時についている、シートやドアの内張りのビニールを、つけたまま乗っておられたのです。

10年以上たっていますから、ビリビリで変色しています。

本人は、新車から大切に乗ってきたと自慢してますが、内心、アホや、と思ってしまいました。

ビリビリのビニールに囲まれたカーライフって、どうよ、って。

査定はゼロでした。

また、新車を買うときに、売るときの査定額を考えて、色やグレードを選ぶ人もいますが、
それもどうかなあと思います。

中古車の裏側知っている私でも、そんな選び方しませんもん。

乗っている時に満足できる車を選びます。
(まあ、新車では買いませんが。)

本のカバーでも、iPhoneの液晶のビニールでも、とっとと剥がすのが好きです。

かんたん車査定ガイド
[中古車買取] ブログ村キーワード

コメントを残す