気軽に楽しむカズーという楽器の吹き方

心斎橋に新しくできたヤマハのお店にいって、衝動買いしたのがこちら。

カズーという楽器です。お値段600円。

何十万円とか百万円とかするピアノやバイオリン、クラリネットなどの楽器がたくさん並ぶ中で、一番安い楽器のような気がします。

カスタネットやタンバリンと一緒に並んでいましたが、これは子供のおもちゃというわけではないんですね。

元はアフリカの楽器で、黒人奴隷によってアメリカにもってこられたそうです。私の買ったのもメイドインUSAです。バズーカともいうらしいです。

鳴らし方はいたってカンタン。

口にくわえて、ウーウー鼻歌を歌うだけ。笛のように息をフーと入れても鳴りません。声をだすことで、振動で管についているビニール(元は羊皮紙)が震えて音がなります。

つい細い方を咥えてしまいそうになりますが、太い方を口に入れるのが正解です。音の高さは声の高さでかわります。

ハーモニカのように音が決まっているわけでもないので、歌が歌える人なら曲が吹けます。歌詞を覚えなくていい分、歌をうたうより簡単かも。

3歳の娘にためしに吹かせてみると、すぐにアナ雪の歌など吹けてしまうようになってしまいました。

音楽教育の取っ掛かりにはもってこいじゃないでしょうか?

コメントを残す