クロマチックハーモニカ(クロモニカ)

トゥーツ・シールマンスがお亡くなりになったと、新聞で知りました。

ジャズギタリストであり、ハーモニカの名手であり、口笛奏者としても有名です。私はCDを2枚ほど持っております。

93歳で老衰ということですので、天寿を全うされた感じですね。ご冥福をお祈りいたします。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ベスト・オブ・トゥーツ・シールマンス [ トゥーツ・シールマンス ]
価格:1749円(税込、送料無料) (2016/8/24時点)

クロマチックハーモニカの奏者

DSCF1982

これがクロマチックハーモニカです。ドイツのホーナー社のスーパー64です。

昔々、進学祝いに買ってもらいました。

両親に、お祝いに何がいい? と聞かれてハーモニカ、と答えた私です。

親は、トンボの複音ハーモニカあたりを想像していたようですが、当時スティービー・ワンダーにあこがれていた私が選んだのがこちらでした。

3万円くらいしてました。母親は楽器屋で値切っておりました。

クロマチックハーモニカの奏者といえば、そのスティービー・ワンダーと、トゥーツ・シールマンス、そんで、ヘンドリックミューケンスです。

スティービーワンダーは、盲目のソウルシンガーでピアニスト。私はCDを20枚以上持ってます。

バリバリノリノリのハーモニカは、どのフレーズを聞いても、ステービィーワンダーだとわかります。

トゥーツ・シールマンスのハーモニカはムーディーでジャジーな哀愁ただよう音色。

ヘンドリックミューケンスはボサノヴァの人ですね。超絶テクです。

それぞれ個性的で、おなじハーモニカでも雰囲気はずいぶん違いますけど、みんなかっちょええ~と思って、真似しようとしてました。(できませんでした。)

クロマチックハーモニカの吹き方

クロマチックハーモニカは、小学校の音楽の時間で習うハーモニカや、ブルースハープと、何が違うのかというと、半音が使えて、これ1本で、すべてのキーの曲が吹けるというところです。

レバーをスライドさせると、半音を鳴らせます。

すばやくスライドを繰り返せば、トリルになります。クロモニカ独特のテクニックですね。

写真のクロモニカは、4オクターブ、64音あります。

でっかいです。

小学生みたいに、ハーモニカの左右を指先でお行儀よく持つのではなく、ガバーッと、ハーモニカ全体が見えなくなるくらい包み込みます。手はデッカイほうがいいです。

口は、とんがらせて丁寧に穴に当てるんじゃなくって、でっかく開いて、ガバーッとくわえ込むようにして吹いたり吸ったりします。

良からぬ想像を払拭するために書きますけど、トウモロコシにかぶりつくイメージです。

クロマチックハーモニカの楽譜

 

ハーモニカの楽譜は、吹いたり吸うたりの指示があって、なんだかややこしいですけど、和音のない単音の楽器に、楽譜は必要ないと思います。

クロマチックハーモニカは和音も鳴らせますけど、あまり使いませんね。

CDやyoutubeを聴きこんで、ひたすら耳コピです。

(反論は心の中だけでお願いします・・・)

コメントを残す