子供の歯並びのガタガタが治った話

うちの子の歯が生えてきた時、前歯の上の2本が前後にずれていて、噛み合わせた時に片一方が下の歯の内側に入り込んでたのです。

反対咬合というらしいです。

乳歯だし永久歯に生え変わるときには治るかもしれないけど、ということでしたが、揃えておいたほうが永久歯もまっすぐ生えやすかろう、ほっておくと顎の発育に悪影響もあるかもしれないということで、軽く矯正してもらってました。

上の写真は矯正をはじめて、1年半くらいのようすです。多少のズレは残ってますがほぼ違和感がない感じになりましたね。

マウスピースで反対咬合の矯正

娘に施してもらったのは、矯正歯科でするような、針金をつけるような苦難を伴うようなものではなくて、寝る時にパナシールドというマウスピースを噛んで寝るという方法です。

歯の形に合わせたオーダーメイドのものです。歯医者さんで1万円で作ってもらいました。

3ヶ月に一度、矯正具合の様子見と虫歯の点検に歯医者さんに通ってます。

パナシールドで反対咬合が治るのは五割くらいだそうで、うまくいったほうだということでした。

これで永久歯もキレイに生えそろってくれたらありがたいですね。

ただ、下の歯に比べて、まだ歯の隙間があいてなくて、詰まっているので、様子見が必要とのことです。乳歯はすきっ歯のほうが良いのですね。

顎の発達のためにはよく噛むことということで、ガムを噛むのはいいみたいです。

歯並びが悪くても虫歯にしない方法

歯並びが悪いと虫歯にもなりやすいそうです。歯ブラシが届かないところがあり、きちんと磨けないからですね。

うちの子も、自分で磨いたあとはピッカリチェックをしてあげないと、磨き残しがあります。

ただ、虫歯はできたことがなくって、これは丁寧な歯磨きのおかげというより、歯磨き粉のおかげだと思っております。

我が家では、コンビニやドラッグストアで売っているフッ素配合とかの歯磨き粉ではなくて、通販で売っているブリアンという歯磨き粉を使っています。

これは、世の中に何%かは存在するという、生まれつき虫歯ができない子が持っている、虫歯を除去する善玉菌が配合されている歯磨き粉です。

イチゴ味なんで、自分でも喜んで歯磨きしてます。(ピッカリチェックはしますけど。)

フッ素とかラウリル硫酸ナトリウムとか研磨剤とか、身体に悪そうな成分はなんにも入ってません。

ということは、ブクブクペッ!と歯磨き後のうがいも不要なので、ピッカリチェックしているうちに寝てしまっても、そのまま寝かしてしまえるのです。これは大変ラクチンです。

 

定期購入してるんですけど、わりと分量が多くて、私も妻も使っており、余ったらおばあちゃんにもあげてます。

そのおかげでか、みんな虫歯にならなくなりました。良かったよかった。

>>日本初!虫歯菌除去用成分『BLIS M18』配合子供用歯磨き粉【ブリアン】

 

これが私の子供時代にあれば、虫歯だらけにならなくて済んでたかもなあー。タイムマシンがあれば、自分に届けてあげたい。

イチゴの味のしない大人用も販売されております。

>>大人用ブリアン

コメントを残す