トンネルでのライト点灯しない人は想像力の欠如

自動車のヘッドライトって、暗い時に前方を照らして見やすくするためのものではありますが、他の車から見つけてもらいやすくするという意味もあります。

トンネルに入るときに、それがわかっている人といない人がいるなあ、とよく思うんです。

トンネルに入ってすぐは、まだ外の光が届いているんで、ヘッドライトを付けなくてもまだ見えるし、トンネルの出口に近づいてくるとライトを消しても前は見えます。

ですので、入ってしばらくしてライトを点灯、出口が近づいてくると消灯する人がいますが、あれは他のドライバーの事を考えていない人なのです。

 

高速道路のトンネルなんかは、照明も明るいし、対向車線とははっきり分かれていますから大して問題はないと思いますが、田舎の真っ暗けのトンネルがありますね。

あれはライトをつけていてくれないと対向車がいるのかいないのか、よくわからないんです。来ているものと思って運転はしますが、ライトオンにしてくれているとよく見えますね。

ヘッドライトは、よく消し忘れるんですが、消し忘れはたいして問題ではありません。

クルマに乗る前はライダーだったので、そういう感覚があるのかもしれませんが、ドライバーもぜひライトオンは積極的にやるのがいいと思います。

トンネルを通過する時は、入る前から、そして、完全に出るまで、ヘッドライトを点灯いたしましょう。

コメントを残す