綱引き競技の肝は、専用シューズと腰ベルト

004綱引きなんて、私は、子供の学校の運動会の競技だと思っていたんですが、うちの弟は人生をかけていまして、トレーニングで鍛えて筋肉ムキムキです。ボディビルに通っているのも、綱引きとだんじりのためだそうで。

綱引きのコツは何かというと、いかに体重を綱に乗せるかということのようですが、何が一番大切かときいてみましたら、「靴」だそうです。なんと、綱引き専用シューズというのがあるそうですね。

もう、これがないと勝てないってことで、綱引き競技者は、アシックスの綱引きシューズを履くそうです。グリップの良さがダントツだそうで、中でも一番人気が、赤い靴底の109というモデル。他にもTOR110とか、107とかモデルがあるそうですが、最高級モデルより、109がグリップが一番いいんだとか。

 

【あす楽】綱引きシューズ アシックス ツナヒキ109 TOR109【シューズ袋付】【送料無料】

 

レーンに出る直前まで、グリップ力をキープできるよう、ホコリがつかないよう、シューズにカバーを掛けておくそうです。なんだかF1のタイヤウォーマーみたいですね。

 

 

ツナヒキ109は、あまりにグリップが良すぎて、ふんばって足首の骨を骨折した人がいるそうです。それはそれで問題じゃないかなあという気もしますが…

シューズの次に大切な綱引きグッズは、腰に巻くベルトです。こちらも専用ベルトもありますが、重量挙げのベルトを使う人もいたり、まちまち。

ただし、金具の出ているレバーアクションは禁止。危ないからでしょう。

ベルトを語ると、これまた奥深いということなのです。

コメントを残す