太極拳と綱引き

綱引きというのは、力自慢が強いものと思っておりましたら、そうでもないようです。

単純な筋力より、テクニックがものをいう世界だそうで…

高齢女性にマッチョ男が負ける

私の弟がムキムキのマッチョなんです。

ボディビルのジムに通い、ベンチプレスでは記録も持ってました。40歳を超えた今も、ドラゴンレースなんかで筋肉を維持しています。

綱引きも、綱引き用の靴とか持っていて本格的なんですが、年上のおばさんに、1対1の引っ張り合いで負けた! というのです。

おばさんは、そんなにムキムキマッチョというわけでもなく、60kgくらいの体重で、女性にしては少し大柄ではありますが、巨漢と言うほどではありませんね。弟はもっとでっかいです。

しかし、おばさん、足が地面に刺さってるかのような安定感で、いくら踏ん張って引っ張っても、動かない!

逆に、ズリズリと引き寄せられたということなのでした。

体全体が調和して、最大に効率的に動いているのですね。

筋肉自慢では勝てない

綱引き道場には、トレーニングジムの猛者がけっこうやってくるらしいのですが、かなりの確率で挫折してやめていくのだとか。

自信満々の鼻が、ポッキリおられてしまうからなのですと。

これ、太極拳で、ヨレヨレのおじいさんが、ムキムキの腕自慢を推手ですっ飛ばすのと似ていますね。

筋肉の量じゃなくて、体の使い方がいかに合理的かということですね。

年とともに、筋肉は衰えていきますが、技術はどんどん積み重なるわけで、私も、まだまだ成長の余地ありということで、嬉しくなります。

コメントを残す