改造車の買取査定

改造車は基本的に査定は下がります。

現状復帰費用を減点した査定になるんですね。いろいろ取り付けている社外品パーツは減点対象です。元の部品を取り付けるための費用を差っ引いて査定されます。

ただし、トラックなど商用車は改造が当たり前なのでその限りではありません。クレーンがついているなどは、加点のケースもあります。

これは改造というより架装になるんですが。
走り屋仕様はまったくダメです。激しいしようで、クルマが傷んでいるであろうとみなされます。

厳しいディーラーの場合、違法改造車は入庫さえ禁止です。
私のいた会社は、そこまでは厳しくありませんでしたが、やはり査定は低くしてました。

おかげで、バリバリのダートラ仕様のトヨタセリカを3万円で手に入れることができました。エアコンやラジオなどの内装はほとんど取っ払われて、乗車定員も2名に変わっており、車の底には、鉄板が取り付けられていました。
このクルマでは結構遊びましたねー。



[改造車] ブログ村キーワード

コメントを残す