フェラーリの想い出

高校生の頃、ゲームセンターでよく遊んでいたのが、テスタロッサに乗って快走する、アウトランというゲームです。

よく横転させました。

本物のフェラーリにはクルマ屋に勤めていたとき、取引のあったクルマ屋さんに乗せてもらいました。8気筒の黄色いオープンカーでした。

運転を薦めてくれたんですが、値段を聞いてビビってしまい、助手席に乗らせてもらいました。

今さらながら、運転したらよかったと後悔。

dscf7300
(写真は大阪のジーライオンミュージアムのディノ)

フェラーリって、どっしりしたイメージを持っていたんですが、本物は、なんだかペラペラの軽い感じでした。

ポルシェとはだいぶん違いますね。

ポルシェはけっこう乗ったんです。944はマイカーとして乗ってましたし、928で湾岸線をかっ飛ばしたりしました。

ハンドリングマシンと言われた、ポルシェで一番お気軽な944でも、どっしりした感じがありました。

固くて重いドイツ人と、ノリの軽いイタリア人の違いなんでしょうか。

ポルシェで200km近く出すと、コーナリングで重みを感じますけど、ペラペラのフェラーリのコーナリングってどんな気分なんだろうかなあ。

世界で最も死亡率が高いのはフェラーリだって話も聞きましたので、長生きするためにもフェラーリをマイカーにするのは、やめておきます。

[フェラーリ] ブログ村キーワード

コメントを残す