中古車査定 ディーラーと買取店で差がでる理由

よく、ディーラー査定と、買取店の査定の差があるといわれますが、査定の基準が違うからです。

私が勤めていた頃のシステムなので、今はどうなんだか知らないんですけど、ディーラーには査定表があって、基準価格がありました。これはメーカーが独自で作っていますが、車種ごとに基準価格があり、初年度登録からの年数で下がっていきます。

基準価格は、自銘柄は高めで、他銘柄はふつうは、低めになっていました。

査定の年数による下げ具合は、定率の減価償却っぽい曲線です。最初にドン!と落ちて、緩やかに下っていきます。クルマにもよりますけど、7年も経てばゼロ。

装備の減点や、塗装色での減点もあります。そこから、走行距離やら修復歴やら減点していきます。減点が大きければ、ゼロ。古い車はたいてい査定価格ゼロ。

基本的に減点ばっかりで、加点は、走行距離が極めて少ないとか、車検の残があるとか、その程度でした。

なかには新車を売るための戦略で、時期限定で査定額を上げている車種もありますが。入った下取り車は、オークションなどで売り飛ばして、損がなければよし、という感覚ですね。

それに対して、買取店はその時の相場で見てます。いくらで売れるかというところから逆算します。減点という感覚ではありません。利幅は多いほうがいいですけど、ライバルは多いから、シビアな線を提示します。

一括査定なんて、その最たるものでして、いろんな会社の査定員が競って高値をつけますんで、お客の立場で見ればウハウハです。

その車種の注文を持っていたりすると、相場以上でも無理して買い取りたいのが、買取店です。

ですので、車を手放す時は、中古車買取一括査定サービスをリユするのが賢いです。

ただし、対策のついたディーラー査定は、相場度外視の高値の場合がありますので、比較する意義はありますよ。

あなたの愛車は今いくら?全国200社の買取店ネットワークが回答します!!

コメントを残す