金融車・金融流れのクルマの話

私は直接扱ったことはないんですけど、金融流れのクルマってあります。

車を買うときにローンを組んだら、車検証の所有者はローン会社になりますね。ローンが済んだら、所有権は解除できて、マイカーは晴れて書類上も自分のものにできます。(めんどくさいんで、乗り換えるときまで名義変更しない人がほとんどですが。)

もし、ローンが払えなければ、ローン会社にクルマは引き上げられて、叩き売られます。この場合は、書類はローン会社の物が揃えられるので、市場の流通に何の問題もありません。

借金のカタに、車金融の業者名義に変えられたクルマも、出資法とか利息制限法の話は別として、書類上は問題ない形で、さばかれていきます。

 

所有者の名義が、自分でない場合、使用者が勝手に売買できないんですけど、売ってしまう場合があります。

他の借金の返済にあてるなど、まっとうでない事が多いでしょう。

所有者に無断で売っているわけですから、書類が整わず、名義変更も抹消登録もできません。保険も入れません。自動車税を払わないから車検も受けられません。(訂正:自動車税は他人が代わりに払うことはできるので、その場合継続検査は受けられます。)

まっとうな業者は扱わないので、とうぜん、通常の流通相場よりかなり安い値段で取引されます。

まっとうに車を買うことのできない、裏稼業の人々が虚勢を張るために需要があるので、高級車に多いです。

最後は闇の解体屋でパーツになるか、闇の輸出屋を通して海外に行きます。

 

 

買った人は、前の人の名義のまま、保険もかけずに乗り回すわけです。車庫証明もいらないし、駐車違反もスピード違反もやり放題。

通常の中古車売買でそんなコトしたら、前所有者からクレームが来て大問題ですが、この場合、前使用者のところに通知が行くわけで、すでにトンズラしているか死んでいるか、もしくは刑務所の中。法人なら倒産しているかという事が多いので、問題になりません。

クルマが盗難された場合の対処

正当な所有者でない者がのりまわすのは、金融流れではなく、盗難車ということもあります。正当な書類が揃わないというところは、金融車と同じです。

持ち主は探しているでしょうから、ナンバープレートは、偽物に変えられます。

(盗難車の場合、書類不要の闇の貿易船に積まれて海外のマフィアかテロリストに使われたり、部品になって運ばれることも考えられます。)

 

この場合、被害者である前所有者というか、正当な持ち主が取れる手段は、強制抹消です。警察に盗難届を出せば陸運局で手続きできます。

(強制抹消は、やったことがあるんですけど、震災でクルマが行方不明になった時でした。)

強制抹消されたクルマは、無車検のままテンプラナンバーで走っているということになります。

 

まっとうな社会人は近づいてはいけません。反社会的無法者の乗るクルマです。

コメントを残す