マグロの解体ショーを見学しました

マグロの解体ショーのイベントが、うちの父親が入所している老人ホームで開催されまして、家族揃って見に行きました。

毎日同じ生活の老人ホーム、たまにこんな刺激的なイベントがあるのはとってもいいですね。血を見るのはいい刺激です。(血抜きされているのであまり出ないみたいですが。)

 

うちの奥さんが、洗濯物がまだ終わらないとかなんとかで、スタート時間に遅刻しまして、到着したときにはこの状態。

私としては、完全体からバラバラになっていく様子を見たかったんですが、5歳児がトラウマになってもいけないので、この状態からでよかったかも。

 

 

このように、きれいに盛り付けられます。

 

マグロの解体ショーは、老人ホームの職員が捌いていくのではなくて、専門の職人さんが出張してくれます。

解体されるマグロは、その日の市場で仕入れてくるのだとか。

写真のマグロの大きさは、大人の背丈くらいありましょうか。150人分とれるというお話です。

入居者とその家族と、職員さんで、そのくらいの人数になるのかな。

 

お昼ごはんと一緒にいただきました。

 

 

老人ホームの食事にしては、鮪の刺身以外も、まあまあうまかったです。

マグロの解体ショーの値段はいかほど?

スシローやくら寿司では、一皿100円のマグロですが、このサイズだと、お値段いくらくらいなのでしょうか。

ネットで調べると、和歌山の黒潮市場というお店が出張してくれるようで、ウェブサイトに料金表が載っておりました。

 

1人前100gの150人分で見てみると、30kgのマグロに当てはまり、本マグロだと、50万円ちょい、キハダマグロだと、35万円くらいになっておりました。(メバチマグロは要問合せ)

老人ホームのマグロは、身の色から見るに、キハダマグロかなあ?

35万円を150人で割り勘すれば、ひとりあたり、2333円ですね。ええ値段です。

結婚披露宴などのイベントでも、マグロに入刀したりして、盛り上がるみたいですよ。

>>黒潮市場マグロ名人の出張マグロ解体ショー(和歌山県)

コメントを残す