ワインの金賞ラベルは信頼できるのかという疑問

ちょっとしたパーティーがありまして、みなさまワインを持ち寄りました。

たいしてワインに詳しくはない人たちばかりで、ワイン選びの基準は、ラベルのうさぎの絵が可愛いとか、そんなかんじ。私も、自転車の絵がキレイだったチリのワインを持っていきました。

参加している外国の人に、堺は自転車の街なんだよとアピールをしようと思ったんですけど、ワインのラベルと堺はなんの関係もなかったです。(畑にブドウを積みにいくのに自転車でいってたというエピソードらしいです。)

 

そんなかんじで誰も味については語らないんですけど、その中で、金賞やで! と自慢気に持ってこられたワインがありました。

おおー、金賞なら美味しいに違いない! と一同どよめきが。

味は、まあ、普通に美味しかったです。

ワインのコンテストの一覧

ところで、ボトルの首に金賞のラベルがぶら下がっているんですが、なんの金賞だろ? と思いまして、裏返してみたのが上の写真です。

料金を払えば賞がいただけるという噂のモンドセレクションだったら、たいしたことないなー、と思いまして。

 

モンド・セレクションではありませんでした。

説明はこのように書いてあります。

「このワインは世界の公式ワインコンクールのいずれかの金賞を受賞しています。代表的なワインコンクールの一例としては上記のものがあります。」

そして、

パリ農業コンクール、ヴィナリ国際ワインコンクール、マコン・グランヴァン・コンクール…など、

ズラズラと13ほど、スペースが許す限りコンクール名を並べているというかんじなんですけど、このワインはどこの金賞やねん! というかんじ。

ここに記載されていないコンクールの可能性もあるわけで、どうもうまくごまかされているような気がしてなりませんね。

公式というからには、フランス政府が認めているとか、協会が認めているとかなんでしょうけど、あまり信用したくない疑り深い私であります。

どうせなら、何のコンテストの何年度の、参加ワイン何本の中の何等賞なのか、はっきり書いていただきたいものです。

まあ、美味しかったので別にいいんですけど。

コメントを残す