二日酔いの対処方法

忘年会シーズンになるとお酒を飲む日が多くなります。

私はわりと酒に強い方でして、飲みだすと歯止めが効かず、ガンガンいけます。あたかも水を飲むように酒が飲めます。というか、水より飲めます。

たぶん、脳みそのアルコールを検知する機能が、麻痺しておるのでしょう。

酒豪のように思われるのですが、実は二日酔い体質です。

家に帰り着いた後の記憶はなくなり、朝方ゲーゲーしたり、昼過ぎまで起きられなかったりしてました。

昔からそんな感じでして、クルマ屋勤務の20代は、とりあえず翌日出勤するも、朝礼後は、廃棄タイヤの山の上で隠れて寝てました。

営業職だったので、数字さえ出していれば辻褄合わせができてましたが、その後、介護タクシーの運転手になりまして、職業柄、二日酔いはご法度。

というか夜間の出動もあったので、飲まない日が多くなり、肝臓の耐アルコール能力は退化したと思います。身体は健康になりましたが。

介護職をやめたあとは、ネットビジネスと不動産管理という仕事につきまして、また心置きなく酒を飲めるようになりました。

そしたらまた、朝方ゲーゲーです。

二日酔いの防止策で効果のあったこと、なかったこと

私の体験上の話で恐縮ですが、28年にわたる飲酒経験の上で、これは効くとか、これは今一つといったことを、メモしておきます。

牛乳を飲んでおく(あまり効果なし)

学生時代のコンパなどでは、先輩から、牛乳を先に飲んでおけ、と教えられました。胃の内側に膜を作って、アルコールの吸収を抑えられるという説です。

1回生は、顔見せに先輩に継ぎに回らなければならない、返杯されたら一気に飲み干さねばならない、しかし、酔ってはならない、吐くのはこそっとスムーズに。粗相があったら、全員坊主、という決まりでした。

バンカラな学校の体育会系です。

年中、坊主でした。(今は違う理由で年中坊主ですけど。)

牛乳作戦は、ぜんぜん効果がなかったように思います。急性アルコール中毒でひっくり返った同期がおりまして、朝まで病院に付き添いました。

二次会から抜けれてラッキー! と思いましたが、同期生が死ななくて良かったです。よく大学のコンパで死人が出ておりますね。一気飲みはやめましょう。

お料理や食事をいただく

飲んでばっかりで食わないというのも良くないです。学生時代はこれでした。

大人の宴会では、食べましょう。幹事さんは忙しくって食ってられないかもしれませんけど。

軽いものでも。枝豆とか、冷奴とか、チーズは、二日酔いの対策にもなります。ビタミンが良いそうです。

タンパク質もいいので鶏の唐揚げなどもいいみたいです。

柿の酵素もアルコール分解にいいとのことで、昔から二日酔いにはカキを食えと教えられました。

ただ、いくら食べても、消化するより早く飲みすぎると、吐くものが増えるだけ、という面もありますので、ご注意です。

金額を計算しながら飲む(あるレベルまで効果あり)

大人になってから、毎晩酒を飲んでおりましたが、二日酔いになるのは、宴会の後ですね。一人でバーに飲みに行っている場合は、あんまり酔いませんでした。

ショットでいくら、というお店だと、金額を計算しながら飲むので、あんまりムチャはしないです。アルコール度数が60度(レモンハート等)とか、96度(スピリタス)とかのキツイ酒を飲んでも、少量ならどうということはありませんね。

ただ、ビールやらワインやら飲んだあとで、そういうキツイのを飲むと、自分にとどめを刺すことになります。

一次会が飲み放題で酒が回ってしまったら、もう計算できません。

つい先日、日本酒を5種類ほど飲み比べをしたあと、バーでスピリタスを飲みまして、久しぶりに帰りの途中で嘔吐いたしました。翌日はもちろんフラフラです。

コンビニでウコンを買って飲む(人による?)

コンビニでウコンの栄養ドリンクを3本買い、宴会が始まる前に1本、途中で1本、食後に1本飲んだりしましたが、あんまり体感的に二日酔い防止になってなかった気がします。

コンビニで売っている程度のものでは。効果が薄いのかもしれません。

けっこう匂いが強烈なので、あっ、ウコン飲んだね! と指摘もされます。

水素サプリを飲む(飲み方による)

水素水や水素サプリはけっこう、二日酔いの防止になるような気がしています。メカニズムはよくわかりませんが、活性酸素を除去するのが良いのだとか?

ただし、これも前述のウコンのように、その場限りの服用ではあまり効果はなかったです。

私は、日頃から、朝昼晩と水素を摂り続けておりまして、すっかり水素体質になっております。これでかなり、二日酔いが減りました。

ただし、先程書いたように、とどめを刺すような激しい飲み方をした場合は、水素パワーでもアルコールには勝てません。

水を飲む(おすすめ)

二日酔い予防には、実はこれが一番効果が高いんじゃないかなと思っております。

水を飲むというのは、朝起きた時に、ああ、頭がいてえ、水、水、みず・・・と蛇口をひねるんじゃなくって、宴会で酒を飲んでいるときから、水も一緒に飲むのです。

これはちゃんと理屈があります。

悪酔いの原因はアセトアルデヒドですが、こいつを分解するのが水分だからです。

ビールとか日本酒は、液体ではありますが、水分補給にはなりません。酒に含まれる水分は身体に吸収されないまま、体外に排出されるからです。ワインなど、飲んだ以上の水分を身体から出してしまう作用があるようで、脱水症状になってしまいます。

どうしても翌日に早起きの必要があり、酔ってはいけない! というときは、私はこの水呑み作戦で行きます。さっぱり酔わず、楽しい気分にはなりませんが、酒の味は楽しめます。

水の量は、酒と同量以上です。たまにお水で休憩、というんじゃなくて、酒を飲んだら水で倍以上に薄める、という気持ちです。胃がタプタプになって、酒の分量自体が減る効果もあります。

水の代わりにウーロン茶でも良いでしょう。(ウーロン茶は飲みすぎるとなんだか気分が悪くなるんです。私の場合。)

継いでいただいたビールは、ちゃんと飲み干しますので、コミュニケーションと親睦ははかれますが、ノリが悪いなーと言われる可能性はあります。

でも、翌朝はスッキリ、普通に起きられます。おすすめです。

運動する(逆効果)

飲んだあと、身体を動かして汗をかけば、アルコールも吹き飛ぶんじゃないかと考えましたが、だいたいにおいて、余計に気分が悪くなります。

自宅まで3時間歩いて帰ったりすると、二日酔いがきつくなりますね。(これは終電を逃したからなんですが。)

運動することによって、アルコールのまわりが良くなるのかもしれませんし、汗で水分だけ抜けていって、アルコールが濃くなるのかもしれません。

経験上、飲んだあとはすぐに寝たほうが後が楽です。

節度を持つ

なんだかんだいっても、こちらが一番です。自分をコントロールできない人は、大人だと言えません。

反省いたします。

コメントを残す