ダイヤモンド・プリンセス ドレスコード

豪華客船ではドレスコードが必要と書かれていますが、どんなのがよいのでしょう?

DSCF6276.JPG

ダイヤモンド・プリンセスの5日の旅では、ドレスコードは、1日だけでした

出港した次の日に、ウェルカムパーティーがありまして、その時の服装がパーティー用の服装ということでした。

(訂正! コメント頂きました。ドレスコードというのは、服装の基準ということです。今日はカジュアルで、今日はフォーマルで、といったことのようで、フォーマルな服装のことだけをいうのではありません。お間違えなきよう。えっ、そんな勘違いしてるのは、私だけ!?)

ウェルカムパーティーはディナーの後です。ディナーからちょっとおしゃれな感じにしていくといいですね。

ドレスコードフォーマルといっても、固いものではなくて、パーティーを華やかにするための装いです。女性なら和服もいいですね。外国の方に喜ばれると思います。(ダンスには不向きですが。)

男性も、ビジネスーツでは地味ですから、蝶ネクタイくらいしたほうが楽しいと思います。子どももおしゃれなのがよいでしょう。

コスプレは、大人だと変ですが、子どもならアナ雪風のドレスなどでもおかしくないと思います。

パーティーでは、シャンパンタワーにシャンパンを注がせてもらえます。プロのカメラマンが撮影もしてくれます。プロ写真は有料販売ですけど、そこらのスタッフに自分のカメラを差し出して、プリーズ!といえば快く撮ってくれます。

社交ダンスは、船のあちこちで開催されていますので、ちょっとでも基本を知っておくと楽しさ倍増だと思います。

DSCF6354.JPG

2 Responses to “ダイヤモンド・プリンセス ドレスコード”

  1. またまたでごめんなさい。
    ドレスコードというのは毎日の服装基準ですから
    毎日あります。
    船内新聞には毎日本日のドレスコードと出ます。
    このクルーズの場合はフォーマルが1日だけということです。

  2. またまたありがとうございます!
    ドレスコードというのは、フォーマルな服という意味だと勘違いしておりました!
    服装基準ということだったのですね。おはずかしい。
    勉強になりました!

コメントを残す