ダイヤモンド・プリンセス 乗船記

ダイヤモンド・プリンセス乗船記も終わりになりまして、到着は横浜でした。

横浜ベイブリッジをくぐりました。

dscf6357

もう、高さギリギリのスレスレ。

擦るんじゃないかと思いました。

横浜ベイブリッジの高さは55メートルとのことで、大型クルーズ船によっては、干潮時じゃないとくぐれないって船もあるそうです。

DSCF7197.JPG

DSCF6374.JPG

DSCF6445.JPG
DSCF6447.JPG
DSCF6413.JPG

6日間の船旅は盛りだくさんのメニューで満足いたしました。

年老いた父親は、すっかりくたびれてしまったようですけど。

6日間は豪華客船の旅としては、短めの日程ですね。もう十分と思う気持ちもありますが、物足りなかった部分もあります。

ものたりなかったこと。

ひとつは、寄港地での滞在時間が短いこと。ホンのさわりしか見れませんねー。船に戻る時間がせまって、忙しいです。

日本国内ならまだしも、海外の国は、現地でディナーを食べたいような気もしました。

そうなると酔っ払って船に帰ってこない客がいたりして大変かもしれませんが…

世界一周の船旅なんかだと、何日か停泊したりするのかな?

DSCF6526.JPG

船内のお食事が、やや単調な感じがしたこと。(おいしくはありますが)

これはたぶん別料金のレストランに行けば良かったと思います。

指定のレストランばかりでは、しかたないですね。奮発しましょう。

DSCF7075.JPG

満天の星空が見れなかったこと。

これはお天気の具合なのでどうしようもないですが、もうちょっと長期の旅なら、どこかで晴れたことでしょう。

カジノが1日だけだったこと。

これは悪かったのか良かったのか…。人によりけりですね。破産しなくてよかった。

全部のイベントやお店を体験できなかったこと。

これはアタリマエです。カラダはひとつですから。それだけ船内のイベントが多いってことで、もっと楽しみたかったら、また乗ってください!ってことですね!

コメントを残す