フロントガラスの雨跡

クルマは放置しておくと傷みます。クルマ屋の展示車両などでも、長く売れないで放ったらかしになっていると、かなり具合悪いです。

中古車も魚と同じで鮮度が大事。ワインみたいに熟成させるものではありません。

ブレーキディスクが錆びついたり、タイヤが凹んだりもしますが、このあたりは復活させられます。

難儀なのは外装やガラスです。

敵は雨です。排気ガスやら黄砂やら色々混じった酸性雨は、クルマにダメージを与えます。こまめに洗ったり拭いたりしているうちはいいですが、ほったらかしだと雨の跡がとれなくなります。

雨跡は、油膜や水垢が原因です。光が当たるとギラギラして、運転できるような状態じゃなくなります。

もっとひどくなると、何か付着しているというか、ガラスがうろこ状の模様になってポコポコしてきて、エライことになります。

こうなると、ちょっとやそっとでは取れません。へたに研磨するとガラスを傷だらけにします。(経験者)

こういう雨跡を取り除く商品があります。
ウロコレス(ワコーズ)

 

ガラス美人(タイホーコーザイ)

しかし、こういうのを使っても、ものすごく時間と手間がかかります。

クルマ屋の場合、売れない車にかける愛情は持ち合わせてないでしょうが、マイカーの場合は、どうでしょ。

置きっぱなしで、しょっちゅう洗うヒマもないというなら、ボディはワックスを、ガラスには撥水剤を塗っておくことをおすすめします。

これで半年はもつことでしょう。

 

 

しかし、乗らないクルマを放置しておくというのも、スペースと自動車税の無駄です。

大事に保存しているならまだしも、コテコテになるまでほったらかしなんてクルマ好きの風上にも置けません。

他の人の手に委ねたほうがクルマも幸せです。せめて高く売ってしまってください。

↓ 乗らない車を高く売る ↓

コメントを残す