洋服の青山の最高級スーツ

サビルロウ

こちらは最高級スーツです。洋服の青山の。セヴィルロウというモデル。

Savile Rowというのは、イギリスのスーツ発祥の地の名前だそうで、格式高い雰囲気なのです。

「背広」という言葉の語源にもなっているんだとか。(ホンマかいな。)

こちらは、結納に行く時に新調しました。イージーオーダースーツですね。

イージーオーダーではありますが、自分の体に合わせてくれますので、体にフィットします。着心地良いです。

そして、長く着られるような工夫がたくさんあります。中年太りしたらウェストを広げられるなどという工夫です。(笑)

 

高級スーツといえば、50万円とか100万円のイメージですが、さすが青山、8万円ほどでした。しかも2着買えば、2着目は半額という、なんだかよくわからない設定。

2着買うとお得というより、1着しか買わないと損という気になります。商売上手ですねー。冬用と夏用を買いました。

最高級だけあって、生地はいいですねー。手触りからして違います。

ストライプ模様もシンプルながらちょっと賑やかな感じで、良いです。生意気なのでリクルートスーツにするのはやめましょう。

 

2016年追記。

買ってから6年になりますが、まだ着てます。週に1,2回しか着ないということもありますが、全然傷んでないし、古臭くもなっておりません。

やっぱりスーツはいいのが良いです。

コメントを残す