貸した車の事故

友達に貸したバイクで事故をされた、と身内から相談を受けました。

相手がクルマで、過失割合は、相手8、友達が2、といったような話なんですが、バイクは全損扱い。

自動車保険では時価額より修理代が上回ると全損になります。

保険金で修理はしきれないので、同程度の中古のノーマルなバイクを買って我慢せよ、という話です。

しかし、バイクは改造バリバリで相当費用を掛けているそうで、それでは納得できんと。

事故相手からはそれ以上は望めないので、友達から差額を払ってもらうということになるわけでしょうが、私のアドバイスとしては、お金をもらって友達の縁を切るか、バイクを諦めるかだなーというところです。

全損超過修理特約というのもありますが、限度額もしれていますし。

友達は、裁判する! と息巻いているそうで、実際に過去に慰謝料を100万円取った実績も有るらしいんですが、私のアドバイスは、「かかわるな。」です。

友達が裁判をするのは勝手ですけど、まきこまれると、よけいな時間と神経を使いますし、勝ったところで精神はギスギスしますし。

自分の代わりに友だちが事故ってくれた、くらいにおもって感謝しておきなはれ、と言っときました。

ええ年なんだし、改造バイクから卒業するキッカケにもなってよかったですよ。

バイクはプレゼントしたつもりで諦めましょう。

死亡事故とか、大きな事故の場合はそうはいってられませんでしょうが、お金で済むような程度の事故なら、さっさと済まして忘れてしまうほうが、人生長い目で見ると、得になると思います。

まあ、最低限の備えとしては、保険には入っておいて、友達には貸さない、ということですね。

コメントを残す