ワールドビジョンジャパン WVカフェ・スペシャルin大阪に参加しました

ワールド・ビジョン・ジャパンは発展途上の国の子供を支援する団体であり、私はずいぶん前からエチオピアの子供に、月々4500円の支援をさせてもらっております。

寄付金は、その子の住む地域で、井戸を掘ったり学校を作ったりする費用に使われます。

我が日本も、戦後の貧困時代は支援を受ける側だったそうです。

 

私は、自分の子供が生まれる前からエチオピアの少年の支援をしてます。だいぶん大きく成長していると思うんですけど、たまに来るお手紙とか、レポートを見ていると、あんまり文章とかイラストに、成長を感じないなあ。

ちゃんとお勉強しているんだろうか。

ケニアのスラム街から京都大学の大学院生に

このたび、支援を受けて大きくなった子供がスピーチをするというイベントが、梅田スカイビルでありました。

WVカフェ・スペシャルin大阪です。私も子供と奥さんも一緒に参加してきました。

支援を受けているチャイルドって、どんなかんじなんだろ、と興味があったのです。

こられていたのは、エチオピアじゃなくて、ケニアの男性でした。スティーブン氏です。

(マサイ族の民族衣装をまとい、子供にも腰の低いスティーブン氏。撮影は、ワールド・ビジョン・ジャパンのスタッフの人)

 

現在、政府などの助成を受けて、京都大学の大学院で、農業の研究をしておられるそうです。

ワールド・ビジョンの支援を受けていたのは、ケニア・ナイロビのスラム街に住んでいた頃だったとのことです。

9人兄弟という大家族で、家族がてっとりばやく稼ぐためには、女の子は嫁入させて、男の子はギャングのメンバーにさせるというのが一般的な地域だったそうです。

しかし、母上が教育熱心な聡明な人で、支援や助成の話があれば、片っ端から申し込んで、兄上達も大学に進学できたって話でした。

日本に来て2年、スピーチはペラペラの英語だし、日本語も達者です。

たぶん支援を受けているチャイルドの中でも、特別優秀な方なんだろうと思いますが、自分が支援している子供が、こんなふうに立派に成長する助けになっているかと思うと、うれしいですねー。

 

ケニアといえば、オバマ大統領の父上もケニア出身だし、京大といえば、中華民国(台湾)初の民選総統の李登輝氏も京都帝国大学農学部です。

スティーブンさんも、帰国して国の子供達に夢を与えたいと言っておられましたんで、お国で偉い人になるんじゃないでしょうかねー。

その時は、一緒に写真に写ったと自慢しよう。そうしよう。

>>WVカフェ・スペシャルin大阪 Facebook(私もどこかに写ってます。)

コメントを残す