森友学園、塚本幼稚園、瑞穂の国記念小学院の問題

私はあんまり政治に関することを、あれこれ語る気はないのですが、ニュースでも国会中継でも、森友学園、塚本幼稚園、瑞穂の国記念小学院の話のオンパレードなので、どうしても目に耳に入ってしまいますね。

私にも、もうすぐ小学生になる子供がいるもので、気にはなります。

何が問題なのか?

瑞穂の国記念小学院が、無事に開校できたとしても、我が家からはちょっと遠いので、お受験の候補にはならないと思いますが、教育勅語を理念とする神道系の学校って、悪くはないと思います。

ミッション系より神道系のほうがいいかもなあ。私も結婚式は、アーメンじゃなくて、三三九度だったし。

まだ、できてない学校ですから、校風とか、卒業生はどうなっているとか、進学は?とか全然わからないわけで、最初に入学する子どもたちがファーストペンギンになるのでありましょう。

親も勇気がいりますな。

 

この騒動は何が問題なのか、テレビや新聞もギャーギャーいろんなことを言い過ぎて訳がわからなくなってますけど、私なりに分析して意見を述べてみます。

国有地払い下げを安くしすぎという問題

付近の土地の1割くらいの値段で売買されたという話ですけど、どうせ高速道路沿いの死んでいる土地を有効活用するんだから、学校創設は将来的な国のためになるってことならば、タダでもいいではないかと思います。

国が損して、国民の税金が上がるわけでもないでしょうし。

しかし、法的にまずければ、まずいのでしょう。

ごみ処理の問題

ゴミの処理代がかかるという話だったのに、処理してないというのは、ウソつきだったということでしょうか。

処理代の見積もりがキチンと出ていたのに、手抜きで安く上げたとしたら、これはいけないですね。詐欺みたいなもんです。

うちの子には、ゴミの上で勉強させたくないです。

でも、臨海の埋立地も、そもそもはごみ処理したブロックを埋めて作ってますんで、有害物質が出なければいいという気もしないでもないです。

議員への陳情がしつこい、賄賂を渡したという問題

陳情がしつこいのは、新しい事業を始めるのにあたっての努力としては、当然のことじゃないでしょうか??

私も介護事業を始める時は、薄いコネを頼って当時の高齢介護室長にご挨拶に行きましたし。(まあ、がんばり。と言ってもらっただけですけど。)

駅前に段差があって自転車で走ると怖い、なんとかして~と公明党議員に陳情したら工事が始まって道が良くなったなんてのは、よいことでありましょう。

議員さんに頼んだのであって、反社会勢力にお願いしたわけじゃないですし。

金品を渡したら違法行為になりますが、議員さんは白い袋を叩き返したって言ってますし、というか中身も見てないって話ですけど、ありゃどうなんでしょうね。賄賂はアカンと思います。

安倍首相と裏のつながりがある?

特にないみたいですけど、奥さんが名誉校長になるとかでホームページに載っていたそうですけど、現職の総理大臣が特定の学校を応援しては、マズかろうという気もしますね。

学園側が、勝手に広告塔として使ったと言うなら、それまた問題です。

認可前に開校準備していた問題

これは、なにがなんでも学校を作るぞ!という背水の陣の心意気じゃないでしょうか。

というか、現実的な動きがないと認可は降ろさないんじゃないでしょうかね。お役所は。

私も、介護事業所を作る時、これだけお金をかけて、許可・指定が取れなかったら、どうしよーと不安ながらも、準備していたものです。

だからこの問題はあまり問題とも思わなかったです。

右翼っぽい子供を作るのかという問題

今時、国旗を揚げたり国歌斉唱するという愛国精神を発揮すると右翼になってしまうのですけど、左翼チックな教育だけが正しいという今までの風潮もおかしいですね。

あれは敗戦国が背負ったねじ曲がった教育でしょう。

戦後70年もたってますから、愛国的学校も、自虐的国家観学校も、いろいろあって良いと思います。(私は愛国的な方が好きです。)

 

ただ、「安倍首相がんばれ!」と、塚本幼稚園の園児が総理大臣の応援をするのは、やり過ぎのような気はします。

総理大臣なんて、何年かすれば交代していくもんです。まだよくわかってない幼児の脳みそに、時のトップの印象を強烈に植え付けるというのは、長い目で見ていかがなものかなあ。

ヤマトタケルノミコトがんばった! というんならいいとおもいますけど。

でも、安倍首相をぶった斬る! というよりはマシですね。(そんな発言している人もいるようで。)

ヘイトスピーチをしているという問題

妨害工作をしているのは、不良外人のPTAだ! と森友学園が公言していたそうですが、それはまずかろうと思います。

憎しみに対して憎しみで返しているわけで、それこそ不良外人たちが反日教育を子供にしているのと同じレベルの話になってしまいます。

自分を愛する人は、人をも愛すべきで、他国も愛せる真の愛国者を作るのが教育でありましょう。

まあ、近頃の、国際的民族的政治的ジャパンアタックとか、日本の福祉制度を食い物にしているとかの状況を鑑みると、ヘイトなスピーチをしたくなる気持ちもわからんでもないですが、教育の場でやったらアカンと思います。

塚本幼稚園虐待問題

これは政治的な問題と切り離して考えるべきでしょうが、園児がうんちを漏らしてもトイレに行かさないなど、軍事訓練ばりの教育をしていたという話がありますね。

ウンチまみれは、いやですねー。

虐待なのか教育なのか解釈にもよるでしょうが、園児の健やかな成長には、害になるんじゃないでしょうか。

保護者からの評判も芳しくない声もあるようで。これは実際に自分の目で見て雰囲気を感じてみないとなんとも言えません。

先代と、今の経営者とで、ずいぶん変わってしまった(悪い方に)という声もあるようです。

 

といわけで、やっぱり、うちの子は瑞穂の国記念小学院には行かせないことにします。

コメントを残す