マツダ・ロードスター4代目 発売

私はユーノスロードスターに10年、17万キロほど乗っておりましたもので、新しいロードスターにはすっごく興味があります。

ライトウェイトスポーツから離れていった3台目にはあんまり興味なかったんですが、1500ccの4台目は、形もいいし、小さく低く軽くなったし、これは欲しいです。

1600ccのユーノスロードスターも、パワー不足を感じることはありましたけど、普通に走るぶんには十分だし、山道で、がんがんレッドゾーン近くでぶん回せる喜びは、このくらいじゃないと難しいですね。

あれからスカイアクティブ技術もできたし、1500ccでも、十分パワフルなんでは。デミオの試乗をした時にそう思いました。

6速ミッションは、小排気量をガンガン回してこそ有り難みがあるでしょう。

ガンガン回すと、ガソリンがもったいないですけど、どんどん電気自動車化していく昨今、こんなクルマも残っていてほしいと思います。

S660も気になっております。

しかし、ユーノスロードスターを乗り回していた頃と違って、家族持ちになってしまいましたんで、ツーシーターオープンカーを維持するのは大変かなあ。

オープンカー乗りはハゲるというジンクスは今更気にしませんが。

お爺になってからかなあ。それまで、オープンカー文化が残っていればいいのですが。

ところで、オープンカーは中古車の相場は季節変動します。

春先が値上がりして冬は下がるんです。幌もついていて冬も乗れるんだから、安い時に買えばいいのに、と思うんですが、やっぱり乗りたくなる気分になるのは、暖かくなった時なんでしょう。

相場は気分です。

新型ロードスターが5月発売になっているのも、夏になってオープンの季節!というイメージを狙っているのではないかなあと思うのです。

コメントを残す