3歳の幼児でも飲める乗り物酔いの薬

うちの娘が3歳になってから、だんだん車酔いするようになってきました。

山道が続くと、おなかいたーい、というようになってきて、そのうち高速道路でも長くのっていると気持ちが悪くなってきました。三半規管が発達してきているのでしょうか。

最初は、薄暗い山道の古いお寺のあるあたりでいつもお腹が痛くなっていたので、こどもの純粋な心が、なにか、そのあたりの霊でも感じているのかと思ってました。

しかし、おなかがいたい、というのは、ボキャブラリーが少なかったからでして、気持ち悪いと言いたかったんですね。最近は「気持ち悪ーい、ゲプする!」と正確に訴えてきます。

本当に吐きます。

先日、はじめて酔い止め薬を飲ませてみました。こどもセンパアSという大正製薬から出ている薬です。

 

 

これがよく効きました。

山道と高速道路の道のり2時間、全然酔わず、後席で歌いっぱなし。なかなか大したものです。

DSCF5424

 

下の赤い箱は、トラベルミンチュロップ、ぶどう味の顆粒タイプです。5歳から。

これは、うちの奥さんが飲んでおりました。うちの奥さんが実は車酔いしていたとは、初めて知った次第です。

車酔いなしの楽しいドライブを!

コメントを残す