ジェットストリームプライムのレビュー

ジェットストリームという、三菱ユニのボールペンを愛用するようになって随分になります。

油性でありながら水性のような書き味で、どんな紙にも書きやすく、ノートも手帳も公文書へのサインも、だいたいジェットストリームで書くようにしております。

ジェットストリームに慣れると、他の油性ボールペンが使いづらくなりますね。

他のボールペンですと、特に、手帳に細かい字で書くときなど、最初の書き出しでインクがツルっと出てこなくて、2回3回と上からなぞったりして、でも、最初の筆圧で紙が固くなったのか、うまくインクが乗らなくて、イラッとしたり。

ジェットストリームだとそんなことがないのです。ストレスがないです。

水性ペンのように、滲んだり、掌でこすってしまったときも、カスレて汚くなったりもしませんし。

愛用していたのは4色プラスシャーペンの、わりと太い軸のでした。(写真の下のモデル)

替え芯の予備を何本も手帳に挟んで、長らく使っておりましたが、表面の塗装がハゲてきたし、消しゴムキャップが外れやすくなってきたし、芯を交換する時のボディのねじ込みもゆるくなってきたようで、文房具屋に行って新しいのを買うことにしました。

そしたら店員さんのおすすめアップグレードが、ジェットストリームプライムだったのですよ。(写真上の)

ジェットストリームプライムの違い

ジェットストリームプライムは、今まで使っていたスタンダードなジェットストリームより、メタリックな感じで、高級感があります。ボディがプラスチックじゃなくて、金属製です。

金属らしく、ずっしりした重みがあります。

お値段は5000円。

色は黒かシルバーで、赤が女性用ということでした。最初に入っている芯の太さも違うそうです。(黒、シルバーは0.7ミリ。赤は0.5ミリ。)

プライムは4色モデルがなくて、3色(黒、青、赤)プラス、シャープペンになりまして、ずいぶん細身になります。見た感じ、1色のボールペンと同じくらいの太さですね。

ノック式じゃなくて、回転してペン先を出すタイプになります。

中身の芯もスタンダードタイプとは違っておりまして、メタリックです。

替芯1本200円です。スタンダードの替芯は80円でしたから、えらい高いですね。インクは同じということなのですが。

ジェットストリームプライムの宝石

左側がスタンダードタイプ。ノック式で、上から見ると花形ですね。

右側がプライム。ポケットに挟む部分に、宝石みたいなのがついております。

サファイヤみたいなブルーなのです。高級感がありますね。

個人的には、あまり飾り物は好きじゃないので、なくてもいいかな、という気もするのですが、見る人が見れば、おおっ、プライムじゃないですか!5000円じゃないですか!と感心してくれるのかも。

あえていうならば、ボディカラーが少ない分、宝石の色は選べるようにすればよいのに、とか思いました。誕生石とか。

ペンの重さで字が変わる

ちょっと重みのあるペンを使うと、字が変わるような気がします。

上手になるわけじゃないですが、丁寧になるような気がするのです。

軽いプラッチッキーなペンだと、軽いタッチで、ふにゃふにゃペラペラっと、書いてしまいますが、重みがあると、しっかり筆圧をかけて書きたくなります。

しっかり筆圧をかけると、インクが早く減ってしまいそうな気もしますが、なんだか人生、しっかり生きている! というかんじ。

人からの信頼も増して、出世も早くなるんじゃないでしょうか。たぶん。

 

コメントを残す